阿部寛さん人形町でロケしたドラマは何?CMで共演している太陽ちゃんはどんな存在?

阿部寛さんは、ドラマ、映画で活躍される人気の俳優さんですよね。元々は、『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍されていたようですね。

そんな、阿部寛さんですが、人形町が舞台になったドラマが話題になっているようですが、どんなドラマなのでしょうか?

また、阿部寛さんがCMで共演された太陽ちゃんって何?という事で、これらの疑問に、私がさまざまな角度から調べてみました。

阿部寛さんが、出演されている人形町が舞台のドラマはこちら!!阿部寛さんがセキスイハイムのCMで、共演された太陽ちゃんの〇〇に意見が分かれた?

阿部寛さん 引用元:Google

スポンサーリンク

阿部寛さんが、出演された人形町が舞台のドラマって何!!

阿部寛さんが出演された人形町が舞台のドラマと映画がこちら!!

  • 新参者
  • 麒麟の翼

それでは、各々どんな作品だったのか見ていきましょう!!

新参者

阿部寛さんは、ドラマ『新参者』では、日本橋署に異動してきた刑事の加賀恭一郎役をされてますね。鋭い洞察力で、いくつもの難事件を紐解いてきた凄腕刑事役ですね。

捜査線状に浮かび上がる、容疑者が人形町の住民全員という、壮大な捜査対象を、どういう視点から切り崩して、絞り込んでいくのか興味深い内容ですね。

ドラマのあらすじにも出てくる、『なぜ』がメインキーワードになってますね。この、『なぜ』という言葉は、ものごとの原因を探すうえでは、欠かせない言葉ですね。

生産現場でも、『なぜなぜ5回』という言葉をよく聞きますが、なぜを5回繰り返せば、本当の要因、真実が見えてくると言われてますが、どこでも使える言葉ですね。

どんな、真実が見えてくるのか気になるドラマですね。

阿部寛さん ドラマ『新参者』 引用元:Google

麒麟の翼

阿部寛さんが出演した映画『麒麟の翼』は、前作のドラマ『新参者』に続編的な形で、加賀恭一郎役で出演されてますね。映画『麒麟の翼』のメインロケ地は、日本橋になりますが、人形町でも撮影されているようですね。

映画『麒麟の翼』では、日本橋の欄干で、胸にナイフが突き刺さった状態で男性が倒れいるところを発見されてますね。

しかも、倒れていた男性は、ナイフを刺された後にそこまで歩いてきたという事で、大きな謎の残すかたちで亡くなってますね。

この事件の背景に容疑者の過去と、被疑者の息子の過去が関係していることで、複雑なストーリー展開になってますね。

映画『麒麟の翼』は、日本橋の麒麟の像から命名されており、作品テーマは「悲劇からの希望と祈り」という事で、どんな意味を持っているのか、さらに気になりますね。

ドラマ『新参者』の続編設定で映画『麒麟の翼』が制作されていいるので、まだ観たことのない方は、ドラマ『新参者』から観ることをオススメ致します。

スポンサーリンク

阿部寛さんがCMで共演されている太陽ちゃんに、意見が分かれた?

阿部寛さんがセキスイハイムのCMで共演されている太陽ちゃんが話題になっているようですね。その太陽ちゃんは、子供のダンサーなのですが、演技が「かわいい」と「怖い」に大きく分かれているようですね。そのCMがこちら!!

「かわいい」という意見がこちら!!

ツイッター上で、セキスイハイムのCMをみて「かわいい」という意見がこちら!!

私も初めてCMをみた時、衣装や踊りが「かわいい」なと思いましたね。

「怖い」という意見がこちら!!

そして、ツイッター上でセキスイハイムのCMをみて「怖い」と感じた意見がこちら!!

同じCMでも、意見が大きく分かれますね。かわいいと感じる方と怖いと感じる方で、「腕をぐるぐる回す動き」や「太陽ちゃんの表情」で意見が大きく分かれてますね。

阿部寛さんセキスイハイムCM出演時の動画 引用元:Youtube

まとめ

  • 阿部寛さんが出演された、ドラマで人形町がロケ地の作品は、『新参者』
  • 阿部寛さんが出演された、映画『麒麟の翼』のロケ地は日本橋と人形町
  • 阿部寛さんがセキスイハイムCMで共演されている太陽ちゃんは、「かわいい」派と「怖い」派に意見が分かれた

阿部寛さんが出演された、ドラマ『新参者』と映画『麒麟の翼』は、日本橋と人形町を舞台に描かれた、東野圭吾さんの推理小説をもとに、実写化されてますね。

阿部寛さんが主演されている加賀恭一郎役は、東野圭吾さんの作品にたびたび出てきており、別名「加賀恭一郎シリーズ」と言われてますね。

初めて、加賀恭一郎の名前がでたのが『卒業』という推理小説に、大学生の探偵役で初登場してますね。その後、登場回数を重ねながら現職の刑事になってますね。

まだ、東野圭吾さん作品を読んだこと無い方は、是非読んで頂きたいですね。

一つ一つの小説は完結しているのですが、そこに出てくる登場人物が、『あれ、この人物、〇〇の小説の人物だ!』みたいな事が起こるので、他の小説には無い、繋がりを探せるので楽しいですね。

阿部寛さんが出演された、セキスイハイムのCMで共演された太陽ちゃんは、一生懸命踊っていて、私は心が和みましたね。

太陽ちゃんの演技が『かわいい』派と『怖い』派の意見に分かれましたが、緊張していて表情が固くなっていて『怖い』と感じる人も、いたのかも知れませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする