ガーデニングのおしゃれな庭木の作り方にこんな秘密が!石の敷き方にも特徴があった!

おしゃれなガーデニングって素敵ですよね。「どうやって庭木を作り込んでいるのか?」気になりますよね。どうやったらおしゃれなガーデニングを作れるのか分からないけど、どんな庭木を選べば良いのか知りたいですよね。

また、ガーデニングには庭木の他に、石もあるのですが、石の敷き方があるようですね。あなたは知ってましたか?これらの疑問に私がさまざまな角度から調査してみました。

おしゃれなガーデニングにオススメの庭木10選がこちら!!石の敷き方は、こんなに大事だった!!

ガーデニング 庭木 引用元:Google

スポンサーリンク

庭木の選び方で注意点ってあるの?

ガーデニング用庭木の選び方で、注意しなければならないポイントが5つあるようですね。それが、こちら!!

  • 成長後の大きさ
  • 環境にあった庭木選び
  • 目的にあった庭木選び
  • 葉色・花色の好み

それでは、各々の詳細を見ていきましょう!!

成長後の大きさ

成長後の大きさを見越して、周囲に十分なスペースを確保するといいようですね。

植木や植物を植えたての時は、間隔が空いてるので、「隙間が開いてしまうのでは?」と不安になるかもしれませんが、成長後の事を考えると丁度良いと思いますね。

環境にあった庭木選び

庭木は、環境に合わない場所で育てると、少しの間は頑張ってくれますが、だんだん弱ってしまうようですね。

庭木にストレスが掛かると、病害虫もつきやすくなり、悪循環ですね。庭木の中には半日陰を好む物もあるので、育てようとしている庭木の適正環境を調べてみることをオススメしますね。

目的にあった庭木選び

庭木をつくる時に、大切になるのが目的ですね。あなたは、どんな目的で庭木をつくりたいですか?よく言われている庭木づくりの目的がこちら!!

  • 目隠し
  • シンボルツリー
  • 果実を楽しむ

詳しく見ていきましょう!!

目隠し

目隠しに最適な植木が常緑樹ですね。刈り込みに強く、枝葉が密集して生える物は、生垣に適してると思いますね。

シンボルツリー

花や紅葉などを楽しみたい方に、シンボルツリーがオススメですね。

果実を楽しむ

果実を収穫されたい方にオススメですね。

葉色・花色の好み

庭木にも葉色、花色で好みがあると思いますが、どんな色の物があるか見ていきましょう!!

葉色・花色 特徴 葉色・花色 特徴
白斑 さわやかな印象 ライム フレッシュな印象
銀色 清々しい印象 黄斑 元気な明るい印象
濃緑 重厚な印象 明るい印象
銅葉 シックな印象 紅葉 変化にとんだ印象

葉色・花色だけ見ても、これだけの色があるので、あなた好みの色の庭木を手に入られれば、毎日の楽しみが一つ増えますね。

おしゃれなガーデニングにオススメの庭木がこちら!!

ガーデニング用の庭木にも、さまざまな種類がありますが、どんな物がいいのか見ていきましょう!!

  • 目隠し用生垣
  • シンボルツリー
  • 果実をつけるツリー

それでは、各々詳細を見ていきましょう!!

目隠し用生垣

目隠し用生垣にオススメの庭木がこちら!!

  • ツゲ
  • レッドロビン

「ツゲ」と「レッドロビン」の詳細を見ていきましょう!!

ツゲ

ツゲは、西日本の暖かい地方に生息しているツゲ科に属する常緑低木ですね。樹高は1~3m位になるようですね。高いもので4mを超えるものもあるようですね。

ツゲの生垣 引用元:Google

刈り込まれているツゲの生垣は、統一感があって、おしゃれでキレイですよね。

レッドロビン

レッドロビンは、カナメモチとオオカナメモチを掛け合わせた園芸品種のようですね。カナメモチは、バラ科に属する常緑小高木ですね。

レッドロビンの樹高は3~5m程になりますね。若葉は紅色をしており、5月に花をつけるようですね。都市部の一般的な生垣に、レッドロビンが多く植えられているようですね。

レッドロビンの生垣 引用元:Google

真っ赤に染まったレッドロビンの生垣は、おしゃれで高級感も感じさせますね。

シンボルツリー

シンボルツリーは、家族の成長とともに一生の付き合いになる木ですね。そんなシンボルツリーにオススメの木がこちら!!

  • シマトネリコ
  • ヤマボウシ
  • モミジ

それでは、各々の木の詳細を見ていきましょう!!

シマトネリコ

シマトネリコは、丈夫な常緑で比較的安価に、全国どこでも手に入るということから、人気のようですね。

ただ、成長が早く伸びすぎてしまうことが多いので、管理の面で悩む人も多いようですね。剪定(※)しやすいように、2~3mの高さに抑えておくとよいみたいですね。

剪定(せんてい)…樹木の枝を切ることで形を整えたり、風通しを良くしたりすることですね。

シマトネリコ 引用元:Google

ヤマボウシ

ヤマボウシも庭木として人気の高い常緑種ですね。初夏に白い花を枝いっぱいにつけ可愛らしい姿を見せてくれますね。

ヤマボウシは樹形が美しく放置していても、さほど樹形が乱れずまとまった姿になるので剪定をせずに自然樹形で育てられますね。

ヤマボウシ 引用元:Google

モミジ

モミジも基本的に、剪定せずに美しい樹形になりますね。日差しが強すぎる場合は、日焼けしてしまい葉が変色する恐れがありますね。

夏は乾燥を防ぐために葉に水をかけるのがポイントですね。乾燥すると葉がチリチリになるようですね。秋に紅葉し、冬には落葉しますね。

モミジ 引用元:Google

果実をつけるツリー

果実をつけるツリーにも、さまざまなタイプがあるのですが、人気の高いツリーベスト3がこちら!!

  • ブルーベリー
  • ユズ
  • イチジク

それでは、各々どんな特徴があるのか見ていきましょう!!

ブルーベリー

果実がなるツリーの中で人気No.1なのがブルーベリーですね。ブルーベリーが人気の理由が、普通の土壌でもある程度育つので、初心者でも育てやすいというメリットがありますね。

日本のブルーベリーは大きく分けて、「ハイブッシュ系」と「ラビットアイ系」の2種類に分類されますね。耐寒性や耐暑性に違いがありますので、初めてブルーベリーを育てる方は「ラビットアイ系」を2品種選んで育てる事をオススメしますね。

ハイブッシュ系 ラビットアイ系
耐寒性 強い 弱い
耐暑性 弱い 強い

果実のなるツリー最大の魅力が、収穫できる事ですね。育てながら楽しんで、収穫を待ち遠しく感じながらも、食べて満足すると思いますね。

収穫の時期も、「一日の変化で、どれだけ美味しさが変わるか?」試せるので、適正収穫時期を見つける事ができるかもしれませんね。

ブルーベリー ラビットアイ系 引用元:Google

ユズ

ユズは、耐寒性があって日本の気候に適した、栽培しやすい果実のなるツリーですね。東北地方でも露地栽培できるようですね。

また、ユズの品種で“多田錦“は、種がなく、果汁たっぷりの家庭園芸の最優良品種のようですね。

ゆず 多田錦 引用元:Google

イチジク

イチジクは、育てやすく家庭向けの果実がなるツリーですね。日本では、限られた品種のイチジクしか店頭に並ばないようですね。

家庭栽培なら、さまざま品種のイチジクを育てる事ができ、果汁がしたたる完熟度まで栽培して堪能することができますね。

イチジク 引用元:Google

私も一度、果汁がしたたるイチジクを食べてみたいですね。

スポンサーリンク

庭木に適したオススメの石が、こちら!!

庭木に使える石って、いろいろありますが、どんな庭にでも使えるオススメの石がこちら!!

  • 白玉砂利
  • 赤玉砂利
  • 青砕石砂利

それでは、各々どんな石なのか見ていきましょう!!

白玉砂利

白玉砂利は、高級感があり、屋内外場所を選ばずに使えるのがポイントですね。和風、洋風のどちらの庭にも適するので、白玉砂利で“おしゃれな庭づくり“をする事ができますね。

白玉砂利の中でも、天然大理石で出来ている石は、色落ちの心配がないので、敷き詰めると輝くようですね。

キラキラ光る天然大理石の白玉砂利は、使い勝手がよさそうですね。

赤玉砂利

暗い裏庭を明るく変えたい方にオススメなのが、赤玉砂利ですね。発色があざやかですが、派手になりすぎないのがポイントですね。赤玉砂利は木目調やレンガによく合いますね。

赤玉砂利は、乾いた時にピンク色に、濡れている時にワインレッド色になるので、色の変化を楽しむ事もできますね。

青砕石砂利

青砕石砂利は、青みがかった色合いで、全体的に角張った形状をしているのが特徴ですね。乾いている時は青緑色、濡れている時は濃い青緑色になり、静寂な海をイメージできますね。

青砕石砂利を敷き詰めた庭で、心を落ち着かせることができるかもしれませんね。

石の敷き方は、こんなに大事だった!!

石の敷き方を間違うと、数カ月後に雑草が石の間を割って生えてきて、見た目が台無しなってしまいますよね。雑草対策をするには「防草シート」が必要不可欠ですよね。

「防草シート」は、雑草を抜いた庭の上に敷き、その上に石を敷き詰めますね。至って簡単な作業なのですが、この「防草シート」を敷き忘れてしまうと、根っこのしっかりした雑草が、生えてきますね。

「防草シート」にさまざまな種類があるのですが、雑草に強く特にオススメなのが「サバーン」と「エコナル」ですね。こちらの2種類は雑草に非常に強いようですね。防草シート「サバーン」と「エコナル」の比較表がこちら!!

サバーン240 エコナル
むき出し時、強害雑草
砂利下、通常雑草
砂利下、強害雑草
駐車場砂利下
厚み 0.64mm 0.5mm
引っ張り強度

「防草シート」のエコナルは、駐車場砂利下の環境では、効果を発揮できないようですが、それ以外の条件下では、サバーン240と同等の性能があるようですね。

ガーデニング 庭木と敷石 引用元:Google

まとめ

  • ガーデニング用庭木には、「目隠し用生垣」「シンボルツリー」「果実がなるツリー」がオススメ
  • ガーデニング用庭木でおしゃれな目隠し用生垣は、レドロビン
  • ガーデニング用庭木の石の敷き方は、「サバーン」もしくは「エコルナ」の防草シートを敷くと雑草対策に効果絶大

ガーデニング用庭木に、目隠し用生垣」「シンボルツリー」と「果実がなるツリー」を紹介いたしましたが、私が一番興味を持っているのが、「果実がなるツリー」ですね。特にユズを育ててみたいですね。

ユズは、飲食するだけでなく、ユズ湯を楽しむことが出来ますね。自分で育てたユズを湯船に入れてユズ湯を楽しむのは、おしゃれなひとときになると思いますね。私も、貴族みたいな気分を一度味わってみたいです。

ガーデニング用庭木の石の敷き方で、防草シートの重要性を改めて理解できたと思いますね。防草シートも、なんでも良いわけでは無く、雑草に強い物を選ぶ必要がありますね。

せっかく敷き詰めた石を雑草で台無しにしない為にも、確実に対応したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする