福士蒼汰さん高校時代はダブルダッチ部所属?ペラペラ英語はこの勉強法にあった!!

福士蒼汰さん高校時代の部活はダブルダッチ部所属?ペラペラに話せる英語はこの勉強法にあった!!それでは、実際に福士蒼汰さんがダブルダッチ部に所属した経緯と、どんな英語の勉強をしてペラペラ話せるようになったのか?

私が様々な角度から情報収集しました。福士蒼汰さんは高校時代に既に最高の英語の勉強法をマスターしていた。

スポンサーリンク

福士蒼汰さんが、ダブルダッチ部に入部した理由は何?

福士蒼汰さんは、中学時代までバスケットボール部に所属しております。高校に入学してからも、部活はバスケットボールにするつもりでしたが、「ダブルダッチをしている先輩がかっこよかった」という事で、ダブルダッチ部に入部されています。

小柄な人が有利に思われるダブルダッチですが、長身の福士蒼汰さんがダブルダッチをしている姿は迫力有りそうですね。

私は、中学生くらいの時に一度だけ、ダブルダッチをやったことがあるのですが、全く出来なかった事を覚えてます。

縄が2つあるので、片方の縄に集中していると、もう片方の縄に引っかかってしまい、全然跳べませんでした。実際にダブルダッチやっている人は、どこに意識を集中して跳んでいるのか、すごく気になります。

福士蒼汰さん 引用元:google

福士蒼汰さんのダブルダッチYoutubeはこちら!!

いかがでしたか?福士蒼汰さんは軽々やっておりますが、かなり難しいと思います。

福士蒼汰さんが、英語に興味を持ったキッカケはこれ!!

福士蒼汰さんが、英語を好きになって興味をもったきっかけは、中学時代の担任の先生に「発音がいいね」と褒められたことが嬉しかったからだそうです。

何かを好きになったり、興味を持つキッカケって人それぞれですが、褒められた事がキッカケになるのは、自分を適正に評価してくれる人がいたって事ですよね。それだけで嬉しくなりますね。

私が、英会話に興味を持ったのは、新入社員を対象に研修の一環で、当時TOEIC470点を突破したら、海外研修に1週間行けるというカリキュラムがありました。

その研修に行きたくて、漠然とTOEICの勉強をしてましたが、成績が上がらず英会話を学べばTOEICのスコアもあがると思い、英会話学校に通い始めたのがキッカケです。

スポンサーリンク

福士蒼汰さんが、実践している英語をマスターする勉強法はこれ!!

福士蒼汰さんが実際に英語をマスターするためにやっている勉強法がこれ!!

  • 単語帳を買って簡単な単語から読んでいく
  • 抑揚をつけて相手に伝わりやすく発音する
  • 時間があれば、どこでも声に出して発音する

それでは、詳細を見ていきましょう!!

単語帳を買って簡単な単語から読んでいく

福士蒼汰さんは、”単語がわからないと、相手が何を言っているのかわからない!”という事で、まずは、語彙力を増やす勉強をされていたようです。声に出して発音することが大切で、発音することで、耳で聞く練習にもなるので一石二鳥の勉強法ですね。

抑揚をつけて相手に伝わりやすく発音する

福士蒼汰さんは例文の発音でも、淡々と話すのではなく、抑揚をつけることで、相手に伝わりやすく話す事をイメージされていたようです。抑揚をつけることで、自分の頭にも入りやすくなる勉強法ですね。

時間があれば、どこでも声に出して発音する

福士蒼汰さんは高校時代に通学の行き帰りの時間に、電車の中でブツブツと英語の例文や単語を発音していたようです。

私も、英会話を勉強していた時期があり、その当時は、覚えたてのフレーズを声に出して、スムーズに言葉が出るまで何度もやっていた記憶があります。この勉強法は言葉が口に馴染む事で、何も考えなくても咄嗟に言葉でるようになります。

福士蒼汰さん 引用元:google

まとめ

  • 福士蒼汰さんは、高校時代の部活はダブルダッチ部
  • 福士蒼汰さんが、英語に興味を持ったキッカケは、中学時代の担任の先生に「発音がいいね」と褒められたこと
  • 福士蒼汰さんが、英語をマスターするためにやっている勉強法は抑揚をつけた音読
  • 福士蒼汰さんは、高校時代に通学の行き帰りの時間に、電車の中でブツブツと単語を発音

私は、ダブルダッチは全然できなのですが、出来たらもの凄くカッコイイと思います。福士蒼汰さんは、先輩に憧れて入部されておりますが、その気持ちはわかるような気がします。

英語については、高校時代から音読、発音することの大切さを理解して勉強されていたんだなと思います。

勉強というと、書くことに専念しがちですが、使える英語にするためには、音読の勉強法が一番良いと思います。私も、英会話学校に通っていた時は、授業の9割が会話だったので、そこで英語を話す基礎が出来たと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする