本田翼さんの歯並びって変わった?実はCMデビュー当時と矯正前でこんなに違っていた!

本田翼さんと言えば、大きな口から見える歯がキレイな、笑顔の素敵な女優さんですよね。ここで、歯について「歯並びが変わった?」、「歯列矯正前やCMデビュー当時と違う?」といった噂があるようですね。そこで、私が様々な角度から情報収集いたしました。

本田翼さんの歯並びは変わっていた!!歯列矯正前後でCMデビュー当時とは別人!!

本田翼さん 引用元:Google

スポンサーリンク

本田翼さんの歯並びは、本当に変わったの?

本田翼さんは裏側ブラケット矯正という、歯の裏側に矯正金具を装着する事で、歯列矯正を行ったようですね。この裏側ブラケット矯正を行うことで、周囲の人に気付かれることなく、モデルや女優業が出来ますね。

10代の頃の本田翼さんは上の前歯が出っ歯だったようで、歯列矯正によってキレイな歯並びになってますね。

私は、歯並びが良くも悪くも無いため、歯列矯正したことないのですが、歯列矯正にはどんな方法があるのか気になったので調べてみました。

そもそも、歯列矯正にはどんな方法があるの?

通常、歯列矯正というと、ブラケットを歯の表面に装着した歯列矯正が一般的ですが、歯列矯正にも、さまざまな方法があるようですね。それでは、どんな歯列矯正があるのか見ていきましょう!!

  • ブラケット矯正
  • 裏側ブラケット矯正
  • マウスピース矯正
  • セラミック矯正
  • 部分矯正

それでは、各々どんな矯正方法なのか見ていきましょう!!

ブラケット矯正

矯正する歯の表面に一つ一つ「ブラケット」という小さな器具を取り付けます。この器具はワイヤーを通して固定させるためのものですね。

ブラケットに通したワイヤーを、少しずつ引っ張って歯並びの形を整えるようですね。最近では、透明な素材のものが使われるようになり、見た目の悪さはだいぶ改善されているようですね。

ブラケット矯正している場合、笑った時に一目で矯正している事が分かってしまうので、大人になってからブラケット矯正するのは、抵抗を感じてしまうかもしれませんね。

裏側ブラケット矯正

ブラケットの器具を、歯の表面でなく、裏側(舌側)に装着する方法ですね。

見た目には矯正していることが分かりにくいようですが、技術的には難しく、費用も高くなるようですね。

本田翼さんが、行った歯列矯正方法が、裏側ブラケット矯正ですね。歯の裏側にブラケットがついているため、舌がブラケットに触れてしまい違和感がでたり、話しづらさがあるようですね。

ブラケット矯正と裏側ブラケット矯正では、効能は同じでもメリットとデメリットに大きな違いがあるようですね。

本田翼さん 引用元:Google

スポンサーリンク

マウスピース矯正

マウスピースという、取り外し可能な器具を使った方法ですね。多少のズレを直すようなときに使われることが多いようですね。

ひどい乱ぐい歯や、出っ歯といった大きな移動が必要なケースにはあまり使われないようですね。

セラミック矯正

歯の見た目を、より美しく整えるために行う矯正方法のようですね。既存の歯に白いセラミックをかぶせて白い歯に見せたり、かぶせるセラミックの形を整えて噛み合わせを改善する時に使われる矯正方法ですね。

部分矯正

歯列の中でも特に前歯の歯並びを整えるのに用いられる方法ですね。前歯だけにブラケット矯正を施したり、マウスピースを用いるようですね。

セラミック矯正と部分矯正を組み合わせる「ハイブリッド矯正」という方法もあるようですね。

本田翼さんは、裏側ブラケット矯正で歯列矯正されてますが、前歯が出っ歯だった事を考えると、部分矯正と併用して歯列矯正されているかも知れませんね。

本田翼さん 引用元:Google

本田翼さんCMデビュー当時の歯並びは?

本田翼さんは、初めてCMデビューしたのが「PlayStation 3」のCMですね。当時は、ファッション雑誌の専属モデルとしてデビューしたばかりで、現在ほどテレビ出演する機会がなかったようですね。

気になる、CMデビュー当時の歯並びですが、残念ながら確認することができませんでした。

本田翼さんは、10代の頃は歯並びが悪かったようなので、CMデビュー当時は10代なので、歯列矯正前の可能性が高いですね。

まとめ

  • 本田翼さんの歯並びは、裏側ブラケット矯正でキレイになっていた
  • 本田翼さんは裏側ブラケット矯正と部分矯正を併用した可能性が高い
  • 本田翼さんのCMデビュー当時の歯並びは、悪かった可能性が高い

本田翼さんは、芸能界デビューしてから裏側ブラケット矯正を行っているようですが、大人になってから歯列矯正することは、子供の頃に歯列矯正するより、デメリットも多いようですね。

大人の歯は、位置がしっかり固定されているので、そこから矯正で歯を動かしていくので、大きな痛みをともなう場合があるようですね。

芸能界で活躍されている方は、歯を見せる機会が多いので、キレイに見せるためには避けて通れない道なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする