市原隼人さん2018年出演のドラマって何?「ウケル」ほどの筋肉ってどういう意味?

市原隼人さんは、スターダストプロモーションに所属する人気俳優さんですよね。

そんな、市原隼人さんですが2018年に出演しているドラマが気になるのですが、どんなドラマに出演してるのでしょうか?映画やドラマに幅広く活躍されているので、動向が気になりますよね。

また、市原隼人さんの筋肉が「ウケル」って噂されているようですが、何が「ウケル」のでしょうか?

これらの疑問について、さまざまな角度から調べてみました。

市原隼人さんの2018年出演ドラマはこちら!!市原隼人さんの「ウケル」筋肉が、とんでもないことになっていた!!

市原隼人さん 引用元:Google

スポンサーリンク

市原隼人さん2018年出演のドラマって何?

市原隼人さんが、2018年に出演しているドラマがこちら!!

  • 明日の君がもっと好き

どんなドラマなのか見ていきましょう!!

明日の君がもっと好き

市原隼人さんは、「明日の君がもっと好き」では『丹野園』で働く造園デザイナーとして松尾亮役で出演されてますね。市原隼人さん演じる松尾亮は、恋愛に興味のない、カメラとバイクが好きな青年ですね。

このドラマの最大の見どころが、人生に一度だけの濃密なラブストリーのようですね。

「それって、どういうこと?」って思いますが、キャストひとりひとりが、性に対するアイデンティティ(※)に何らかの違和感や、価値観の違いを持っていて、それをドラマで各出演者が演じていますね。

アイデンティティ…同一性や個性など

出演者ひとりひとりが抱える各々の人生観、恋愛観などに気付き始めて、葛藤していくような展開ですね。

ひとりの人間が、10年、20年、そして30年と生きていく中で、自分の居る環境は常に変化しているので、考え方や物事の捉え方が変わるのは日常のできごとだと思いますね。

ただ、自分自身が日頃から抱え込んでいた、性に対するアイデンティティの違和感に気が付いた時に、「人は感じるままに、心で思うがままに、その道を突き進むことができるのか?」

それを、表現しているドラマのような気がしますね。心の中で絡まりあった“しがらみ“を、ほどいて、本当の自分にたどりつく、そんな感じがしますね。

市原隼人さん演じる松尾亮が、心の中で、どんな葛藤を持っているのかに、焦点を当ててドラマを観てみると、隠れていた一面が見えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

市原隼人さんの筋肉がすごいのは、なぜ?

市原隼人さんは、2010年に公開されたボクシング映画『ボックス!』に出演されたのをキッカケに、トレーニングを本格的に始めたようですね。

そのトレーニング内容も、プロボクサー並みの練習のようですね。その練習内容がこちら!!

トレーニング内容 セット数
腹筋5種目各20回 3セット
バーベル&鉄アレイ各4種目 3セット
縄跳び3分 3セット
サンドバック3分 3セット
縄跳び&バーンマシン3分 2セット

これが最近のトレーニングメニューのようですね。俳優というよりは、アスリートの領域でストイックにトレーニングされている事が分かりますね。

私は、ボクシングの経験がないのですが、グローブ付けて3分間のサンドバック打ちは、未経験者にはできないと聞いた事がありますね。そもそも、グローブの重さに耐えられず、ファイティングポーズを3分間保つだけでも、相当大変のようですね。

それを、3セットできる市原隼人さんは、既にボクサーとしてのスキルを完全に身に付けている事が分かりますね。

市原隼人さんの「ウケル」筋肉って一体なに?

市原隼人さんの肉体美へのこだわりが、感じられる一枚の写真から「ウケル」と話題になっているようですね。その写真がこちら!!

市原隼人さん 「ウケル」が話題になった写真 引用元:Google

筋肉美を極める人たちに、言えることなのですが、筋肉の仕上がり具合や全体的な筋肉のバランスなどから、完成度の高い筋肉がその人の魅力を決めるようですね。

筋肉美を極める人からみると、市原隼人さんの筋肉は、細マッチョに分類されるようですね。仕上がった筋肉は芸術レベルまで鍛え上げられているようですね。

市原隼人さんの筋肉が「ウケル」と話題になっている理由としては、アスリート並みに鍛え上げられた筋肉が凄すぎて、「ウケル」って事だと思いますね。

この場合の「ウケル」は、「ヤバイ」とかのニュアンスに近いかもしれませんね。

市原隼人さん 引用元:Google

まとめ

  • 市原隼人さんが出演している2018年のドラマは、「明日の君がもっと好き」
  • 市原隼人さんは、プロボクサー並みのトレーニングで肉体を鍛え上げた
  • 市原隼人さんの筋肉が「ウケル」というのは、凄すぎて「ウケル」という意味

市原隼人さんが出演している2018年のドラマは、「明日の君がもっと好き」ですね。ドラマのストーリーが、キャストのアイデンティティに関わる部分が多く、感情表現の難しいシーンの多いドラマだと思いますね。

市原隼人さん演じる松尾亮が、どんな成長をとげていくのか気になるドラマだと思いますね。

市原隼人さんが「ウケル」と話題になったのは、鍛え上げられた筋肉美が、凄すぎて「ウケル」になったようですね。

「ウケル」は本来、“面白い“や“可笑しい“という表現で使われるギャル語だと思いますが、「ウケル」という言葉の表現に“凄い“というニュアンスも含まれるようになってますね。

ギャル語は、いつの時代も謎の進化をとげるので、付いていくのが大変ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする