井川遥さん最新の髪型の巻き方を教えて!!普段どんな口紅やメイクで仕上げているの?

井川遥さんって最近ではNHKの連続テレビ小説「半分、青い」に出演されており、昔から活躍されている女優さんですよね。井川遥さんですが、20代の頃から変わらぬ美しさですよね。

口紅やメイクに何か秘密があるのでしょうか?最新の髪型の巻き方があるとの噂を入手したので、どんな巻き方なのか併せて調べてみました。

井川遥さんの口紅やメイクの仕方にはこんな秘密があった!!最新の髪型の巻き方はこれ!!

井川遥さん 引用元:Google

スポンサーリンク

井川遥さんの普段使いの口紅やメイクはこれ!!

井川遥さんのメイクで特徴的なのが、ベースメイクですね。肌のくすみやシミを隠すために、ピンクベージュや明るい肌色のメイクをしてますね。

その後、薄めのファンデーションを顔全体に施し下地をしっかり決めてますね。若干肌の色より暗めのファンデーションを使うことで、輪郭が映えてくっきりした顔立ちに仕上がりますね。

これをしっかり行うことによって、潤いのある唇や、目元をアーモンドメイクに仕上げる事ができますね。

それでは、井川遥さんはどんな方法で、唇や目元を仕上げているのでしょうか?

それがこちら!!

潤いのある“ぷっくり“した唇は、こうやって作っていた!!

潤いのある“ぷっくり“した唇の定番と言えば、口紅とグロスのコンビネーションですね。立体的にみせる唇は、こうやって作られていた!!

  • 口紅を塗った後に、下唇の中央部分にグロスを塗り、上唇でなじませる
  • 紅筆で透明グロスを、上唇の山の部分にオーバーリップで縁取る

グロスを中央部分の唇に塗ることで、立体的な仕上がりになるようですね。唇を三角形に例えるなら、頂点部分を高くしているようなイメージでしょうか?いずれにしても、唇の存在感がアップしますね。

次に、アーモンドメイクの作り方について見ていきましょう!!

キリッとした目元は、このアーモンドメイクで決まり!!

キリッとした目元を引き立てるアーモンドメイクをするためには、この3つの手順が必要のようですね。

  • アイシャドウ
  • ペンシルアイライナー
  • リキッドアイライナー

それでは、どのようにするとアーモンドメイクになるのか見ていきましょう!!

アイシャドウで陰影!!

アイシャドウパレットで、陰影の付けやすいブラウン系の色を使うと良いようですね。

ペンシルアイライナーで優しい仕上がり!

目元をはっきり印象付けたい方は黒のペンシルアイライナー良いようですね。自然に見せたい方はブラウンのペンシルアイライナーがオススメですね。

ペンシルアイライナーはふんわりした優しい仕上がりになるようですね。

リキッドアイライナーでシャープに!

リキッドアイライナーで、はっきりとしたシャープな目元を作るときにオススメですね。

アイシャドウ、ペンシルアイライナー、リキッドアイライナーの3つの手順で立体的で優しさとシャープさを兼ね備えたアーモンドメイクになりますね。

スポンサーリンク

井川遥さんの最新の髪型の巻き方がこちら!!

井川遥さんが実際にどんな巻き方をしているのか、情報収集する事は出来ませんでしたが、井川遥さんのように仕上げる髪の巻き方を紹介致します。

それが、こちら!!

  • 1)髪の毛の中間部分にヘアアイロンを入れてファワード回転で巻きます
  • 2)ヘアアイロンで温めた髪が温かいうちに毛先を引っ張りカール感を調節します
  • 3)これにより、長持ちするゆるいカールになりますね
  • 4)別の髪の毛の中間部分に再びヘアアイロンを入れて、今度はリバース回転で巻きます
  • 5)再び、毛先を引っ張りカール感を調整します

この作業をフォワード回転、リバース回転を繰り返し行います。次の作業がこちら!!

  • 6)髪の毛のトップのカーラーを外して巻き上がりを調整します
  • 7)スタイリング剤を透明になるまで馴染ませ、髪の毛の中間から毛先に揉み込みます
  • 8)指を髪の毛の内側から入れて、髪を揉みほぐします

これで完成ですね。ヘアアイロンで髪の毛を巻く際は、フォワード回転とリバース回転を意識して巻くことで、髪に動きが出るようになりますね。

井川遥さん 引用元:Google

まとめ

  • 井川遥さんは明るい肌色でベースメイクしている
  • 井川遥さんはグロスを唇の中央部分にオーバーリップして“ぷっくり唇“を作っている
  • 井川遥さんはアイシャドウ、アイライナーで立体的にアーモンドメイクをしている
  • 井川遥さん風の髪の巻き方はファーワード回転とリバース回転を交互に行う

井川遥さんのメイクはピンクベージュや明るい肌色でベースメイクをしてから、若干肌の色より暗めのファンデーションを使うことで、輪郭をくっきり出すメイクをしているようですね。こうすることで、目、鼻や口の凹凸をハッキリさせることが出来ますね。

私は化粧はしたこと無いのですが、イメージ的には化粧は絵画に近い物を感じますね。

陰影をつけたり、立体感を出したり、シャープラインが必要だったりと、キャンバスが2次元と3次元の違いはありますが、相手に美しさを伝えたいという思いは変わらないと思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする