このサイトについて

わたくし”もっち”が、運営するサイト「もちしるべ」にお越し頂きありがとうございます。

このサイトは、私自身がドイツで仕事・生活・観光を通じて、感じたことや考えたことを、”ドイツに興味をもっている読者”の方に、少しでも身近に感じて頂くことを目的として発行しております。

また、読者の方が、将来ドイツ旅行に訪れた際の、”みちしるべ”になったら幸いだと思っております。

ドイツに来たキッカケは?

すし学校在学時の同級生から、ある日、”うちの店に来ない?”とお誘いがあり、電話で当時の店長と面接後内定し、渡独して早いもので3年が経過しました。

もともと、サラリーマンとしてプリンタ会社に13年勤務した私は、将来は海外で生活したいという野望がありました。10代後半から20代前半は、英会話の勉強しておりましたが、具体的にどんな職種で海外就職しようか悩んでおりました。

サラリーマンとして出向という選択肢も考えましたが、海外に移住したいという気持ちの方が強かった為、サラリーマンの延長線では無く、別の職種で海外に行こうと決めました。

最終的に、日本人である強みを活かして、手に職をつけてから海外就職しようという答えに辿り着きましたが、”それが一体何なのか?”定まらないまま時間だけが過ぎました。

そんな時、インターネットですし学校の体験コースを知り、試しに握りに行ったのが、”すし”との出会いで有り、海外就職の”みちしるべ”になりました。

あの時、すし学校の体験コースに申し込んでいなかったら、今の私は、ここにはありません。

ドイツでの生活は?

現在は、外資系日本食レストランで勤務しており、変則シフトのもと、世界各国の同僚と一緒に仕事しております。毎日が異文化交流であり、完璧とは言えませんが英語、ドイツ語でコミュニケーションをとっております。

”外資系日本食って何?”って思うかも知れませんが、簡単に言いますと”日本食材を使ったヨーロピアンテイストの料理を出すレストラン”です。日本では食べられない一風変わったテイストもありますが、新しい発見もあり、日本食を別の視点で捉える事が出来ます。

この背景には、”和食”が無形文化遺産に登録された事もあり、日本食が発展途上であるドイツでは、これから大きく飛躍する可能性をひめております。

休みの日には、ドイツ、ミュンヘン近隣の観光地や、食べ歩きをしております。私の視点で関心のあることについて皆様に情報発信していきたいと考えております。

最後に

当サイトの記事内容により、あなたがドイツをより理解し、親しみを持って頂けましたら大変幸いです。ご意見、ご質問などが、あれば是非お気軽にご投稿下さい。

これからも、宜しくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする