二宮和也さんは幼少期から筋肉の病気?このままほっといて大丈夫なのだろうか?

嵐の二宮和也さんは幼少期から筋肉の病気って本当?このまま、ほっといて大丈夫なのだろうか?それでは、実際に二宮和也さんが病気にかかっているのか調べてみようという事で、私が様々な角度から情報収集しました。その結果、二宮和也さんはかなり深刻な病気を抱えていることが判明。その病名は坐骨神経痛。

スポンサーリンク

そもそも、坐骨神経痛って何?

筋肉の病気である坐骨神経痛は、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状があらわれます。この症状は、足の一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強く感じる場合もありますね。

二宮和也さんはなぜ、坐骨神経痛になったの?

一説によると、二宮和也さんは幼少期から筋肉の病気である坐骨神経痛を発症しており、ジャニーズJr.時代のバック転で痛めてたしまったとのこと。

二宮和也さんはぷよぷよボディがチャームポイントですが、これも実は、腰のために、トレーニングやジム通いができないからだそうですね。

また、二宮和也さんは筋肉の繊維が女子以下とのことで、医者からも、「鍛えても無理ですね」と言われているそうです。もともと筋トレ出来ない体質であるために、筋トレ出来ず坐骨神経痛が改善出来ないようですね。

二宮和也 引用元:wikipedia

坐骨神経痛の原因って何?

筋肉の病気である坐骨神経痛の原因は大きく3通りあります。

  • 腰部脊柱管狭窄
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群

この中で、二宮和也さんに当てはまりそうな症状が”梨状筋症候群”です。それでは、この原因が何なのか見ていきましょう!!

梨状筋症候群

お尻の奥にお尻を横切るようについている筋肉(梨状筋)の中を走っている坐骨神経が、外傷やスポーツ活動などで圧迫されて起こる、痛みやしびれなどのことを「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」といいます。

二宮和也さんがコンサート中のダンスで、坐骨神経が圧迫されて、痛みやしびれが出ているのであれば、”梨状筋症候群”である可能性が高いといえますね。

幼少期(ジャニーズJr.時代)に痛めた筋肉が、硬化して坐骨神経を圧迫しているのかもしれませんね。

坐骨神経痛の治療法は?

筋肉の病気である坐骨神経痛の治療では、原因疾患にかかわらず、まずは症状をやわらげることを目標にします。最初は手術以外の治療を行い、それらを十分に行っても痛みが軽減しない場合や、膀胱や直腸などに障害があらわれた場合には手術も検討されます。

症状をやわらげる治療法はこれ!!

  • 神経ブロック療法
  • 理学療法(リハビリテーション)

各々の治療法の詳細ついて見ていきましょう

神経ブロック療法

局所麻酔薬により、痛みが神経を伝わるのをブロックする治療法です。主に整形外科、麻酔科やペインクリニックなどで実施されています。

二宮和也さんは痛み止めの注射を打って、コンサートに出たこともあるようで、相当しんどいといえますね。

理学療法(リハビリテーション)

運動やマッサージなど、代謝機能や身体機能などの改善を目的に行う治療法です。

二宮和也さんは、筋トレ出来ない体質かもしれませんが、適度な運動とマッサージが一番体に良いといえます。幼少期(ジャニーズJr.時代)に痛めた傷もマッサージで改善されるかもしれませんね。

まとめ

  • 二宮和也さんは幼少期(ジャニーズJr時代)から筋肉の病気である、坐骨神経痛を患っている
  • 二宮和也さんはぷよぷよボディがチャームポイントで、腰のためにジム通い出来ない
  • 二宮和也さんは筋肉の繊維が女子以下で、筋トレ出来ない体質
  • 二宮和也さんは”梨状筋症候群”である可能性が高い

二宮和也さんの幼少期(ジャニーズJr時代)から筋肉の病気である、坐骨神経痛についてまとめてみました。腰痛とは上手く付き合っていくしかないかもしれませんが、無理せず少しづつ改善の道を探って頂きたいですね。

健康あってのパフォーマンスであり、コンサートだと思うので、体を一番に考えて頂きたいですね。二宮和也さんのファンを大切にする思いや、メンバーに迷惑をかけまいと頑張る姿はとても素敵です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする