鈴木亮平さんは浪人して大学に入っていた?偏差値の高いあの有名大学を卒業!!

鈴木亮平さんと言えば、最近では「西郷どん」で主演をはたしており、現在引っ張りだこの人気俳優さんですよね。そんな鈴木亮平さんですが、実は浪人して大学に入り偏差値の高い有名大学を卒業していたようですね。

いろいろな憶測がありますが、私が様々な角度から調べてみました。鈴木亮平さんは、浪人して入学したのにはこんな訳があった!卒業した有名国立大学はここ!!

鈴木亮平さん 引用元:Google

スポンサーリンク

鈴木亮平さんは浪人して大学に入ったのは本当?

鈴木亮平さんは、大学はストレートに4年間で卒業されてますね。計算上ストレートに大学まで卒業されていれば、1983年の生まれの鈴木亮平さんの場合、2005年度卒業になりますが、鈴木亮平さんは2006年度卒業ですね。

それでは、「どこで空白の1年ができたのか?」調べてみました。実際には、高校時代にドイツに留学して、必要単位数が足りなくて高校時代に留年されたようですね。

日頃から、ストイックに役作りをされている鈴木亮平さんですので、もしかすると、ドイツ留学に比重を置きすぎて留年されてしまったのかもしれませんね。

鈴木亮平さんが卒業した偏差値の高い有名国立大学はここ!!

鈴木亮平さんが卒業した偏差値の高い有名国立大学は、東京外国語大学ですね。英語専攻だったという事ですが、どこの学部に当てはまるのでしょうか?

東京外国語大学の英語先攻という事を考えると、2012年に学部再編によって学部名が変わってますが、2005年当時で考えると「外国語学部欧米第一課程英語専攻」で間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

どのくらい偏差値の高い大学(学部)なの?

東京外国語大学の言語文化学部が偏差値60~67.5で、英語先攻が学部内で一番偏差値の高い67.5になっております。偏差値65で受験者の上位10%に値しており、さすがに東大、京大のレベルとは行きませんが、相当レベルの高い大学(学部)というのが分かりますね。

私は、大学受験した事がないので、偏差値と言われてもピンと来ないのですが、「偏差値65で受験者の上位10%」という数字が、どれだけ難しいことなのかは想像出来ます。ちょっとやそっとの努力で辿り着く世界では無いですね。

鈴木亮平さん、どこで演劇に巡り合ったの?

鈴木亮平さんは大学時代は演劇サークルに所属していたようですね。演技とは、まったく接点が無さそうな学生時代を送っていたと思ったら、ここで演技と巡り会っていたのですね。

ブログには演技の勉強法として、

さまぁ~ずのライブDVDを繰り返し見て演劇の勉強をした

ようですね。芸人さんから学べる事も多々ありますので、演劇が必ずしも役者さんからのみ得られる産物ではないですね。鈴木亮平さんは大学時代から視野を広げた物の見方が出来ていたのかもしれませんね。

毎回異なる役を演じる俳優さんには、咄嗟(とっさ)に切り返せる芸人さんの反射神経的な要素が羨ましく思うのかも知れませんね。

鈴木亮平さんは、大学卒業後に演技学校アクターズクリニックに所属して俳優・映画監督である塩屋俊さんの教えを学んでいますね。

鈴木亮平さん 引用元:Google

まとめ

  • 鈴木亮平さんは高校時代にドイツ留学で単位不足で留年
  • 鈴木亮平さんは、偏差値67.5の東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻
  • 鈴木亮平さんは、大学時代に演劇サークルに所属し、さまぁ~ずのDVDで演劇の勉強

鈴木亮平さんは、最近では「西郷どん」で有名ですが、演劇に関しては役柄に合わせてストイックに体重減量、増量して挑んでおりますね。

そんなストイックな鈴木亮平さんのバックグランドが、難関大学である東京外国語大学や高校時代のドイツ留学で培われているのですね。

バックグランドという言葉は簡単に言えますが、この一言にどれだけの時間とエネルギーが注ぎ込まれているのかは、想像し難いですね。鈴木亮平さんの演劇に対する熱い思いに御期待致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする