ソフトボール3号用バットの選び方って何基準?『重さ』それとも『バランス』?

突然ですが、ソフトボール3号用バットって買ったことありますか?ソフトボール用のバットは欲しいけど、どういう基準でバットを選んだら良いのか選び方が分からないですよね。

ソフトボール3号用バットの選び方は、大きく分類すると『重さ』、『バランス』を考えて選ぶ必要がありますね。それでは、あなたに合った一番良いバットの選び方は何なのか見ていきましょう!!

ソフトボール3号用バットの選び方にはコツが有った!!経験者は知っている適したバットの選び方はこれ!!

ソフトボール試合 引用元:google

スポンサーリンク

ソフトボール3号用バットの選び方って何?

まず、最初に決めなければならないことが1つあります。それが、ソフトボール3号用バットには大きく分けて2種類のバットがあります。

それが、こちらの2種類ですね。

  • ゴム・革用ボールバット
  • ゴムボール用バット

各々どのように違うのか見ていきましょう

ゴム・革用ボールバットって何?

ゴム・革用ボールバットは、その名の通りゴムボール用と革用3号ボールに適合したバットですね。ソフトボールの規則上ゴムボール用バットで革用ボールを打つことが禁止されているので、革用ボールに適応したバットを探している方は、ゴム・革用ボールを選択されるとよいかと思います。

ゴムボール用バットって何?

ゴムボール用バットは、3号用ゴムボール専用のバットですね。ソフトボール3号用バットでサイズの小さい1号、2号用のボールを試合で打つことは禁止されているので、購入される際は、どのサイズのバットか確認されるのが良いと思いますね。分からない時は店員さんに聞いて見ると良いと思いますね。

基本的にバットのサイズは、ボールのサイズに合わせて決まっております。

バットサイズの詳細はこちら!!

バット名称 長さ 直径・誤差 安全グリップ
3号バット 86.36cm以内 5.72cm以内+0.79mm 25.4~38.1cm
2号バット 81.3cm以内 5.08cm以内+0.79mm 23.8~35.8cm
1号バット 78.8cm以内 5.08cm以内+0.79mm 23.1~34.6cm

ソフトボール3号用バットが一番長いバットの種類で、直径も太いことが分かりますね。もし、迷うことがあれば、『ソフトボール3号用バットが一番長いバット』という事を頭に入れて選ばれるとよいと思いますね。

関連記事:ソフトボールのグローブ、選び方って何?馴染みの店員が話す3つのポイント!

バットの『重さ』はなぜ大事?

ソフトボール3号用バットの選び方で、もっとも重要になってくるのが、バットの『重さ』と『バランス』ですね。重さはご存知の通り、軽量バットから重量バットまで幅広くありますね。

重さも様々ですが、簡単にまとめるとこんな感じになります。

タイプ 長さ 重さ
軽量バット 83cm 620g
中量バット 84cm 680g
重量バット 86cm 740g

軽量バットは、初心者の方や中学生でも扱いやすいバットだと思いますね。中量バット、重量バットは経験者の方や力のある方にオススメですね。

初心者の方や中学生の方は、軽量バットを選ばれる事をオススメします。いきなり、中量バットや重量バットでスウィングしても、バットの重さに体がついていけず、波打ったスウィングになってしまう可能性が高いですね。これでは、間違いなく三振してしまいますね。

軽くてもしっかりスウィング出来れば、ヒットを打つことができますね。スウィングの軌道を体に染み込ませて、筋力アップしてから中量バット、重量バットに切り替えていくと良いかと思いますね。

それでは、次にバットの『バランス』について見ていきましょう。

スポンサーリンク

バットの『バランス』って何?

ソフトボール3号用バットの『バランス』は、大きく分けて3つの『バランス』があります。それがこちら!!

  • トップバランス
  • カウンターバランス
  • ミドルバランス

それでは、各々どういう事なのか見ていきましょう!!

トップバランスのバット

バットのヘッド(※1)が重いバットをトップバランスのバットと言いますね。バットの先端部分にあるヘッドが重いため、この重さを利用してスウィングすることで、遠心力の強いスウィングがしやすいですね。

振った時に実際の重さよりも重く感じるため、振り慣れないとバットコントロールし難いですね。長距離打者向きのバランスと言えますね。

ヘッド・・・ヘッドはバットの太い方の先端部分の名称ですね。

カウンターバランスのバット

グリップエンドに近い位置に重心が置かれているバットがカウンターバランスですね。手もとに重心があるためバットコントロールがしやすいのが特徴ですね。

トップバランスのバットに比べて、遠心力が弱く、振ると実際の重さより軽く感じますね。アベレージヒッター向けのバランスと言えますね。

ミドルバランスのバット

バットのちょうど中間でバランスがとられているバットがミドルバランスですね。ミドルバランスは3種類あるバランスの中で一番バットコントロールが容易ですね。

手もとに重心があるバットに比べて遠心力があり、振り易さと飛びの両方を兼ね備えていると言えますね。店頭にはミドルバランスの商品が多いようですね。

トップバランス、カウンターバランス、ミドルバランスの3種類で初心者の方や中学生にオススメなのが、ミドルバランスのバットですね。バットの中間にバランスがあり、一番扱いやすく打球も飛ばす事ができますね。

ソフトボール3号用バット 引用元:google

関連記事:野球用軽量スパイクのオススメはどれ?誰でも出来るユニフォーム洗濯の裏技はこちら!

まとめ

  • ソフトボール3号用バットには、『ゴム・革用ボールバット』と『ゴムボール用バット』がある
  • ソフトボール3号用バットは86.36cm以内と決まっている
  • 初心者の方や中学生は、軽量でミドルバランスのバットがオススメ

初心者の方や中学生の時は、バットのスウィング軌道を体に染み込ませる為にも、軽量バットで練習される事をオススメします。

私も小学生時代にソフトボールをやっていたのですが、当初は、遠くに飛ばしたいという欲で重量バットでスウィングして、全然当たらず散々な結果に終わっていましたね。

軽量バットに切り替えてから、ボールをバットの芯でとらえる事が出来るようになって、徐々にヒットが打てるようになりましたね。いつか、長打は打てるようになるので、その日の為に、どのコースでもボールをバットの芯でとらえられるようにすると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする