ソフトボール

ソフトボールバッティングのコツって何?実は〇〇が一番大事だった!

ソフトボールで鋭い打球を外野まで飛ばしたら気持ちがいいですよね。

でも、なぜか毎回バットにボールがクリーンヒットせず、内野ゴロでアウトになってしまったり、イメージしているバットの位置にボールが当たらないと考えている方も多いと思います。

この記事では、ソフトボールのバッティングで初心者が陥りがちな問題についてバッディングのコツを解説いたします。

スポンサーリンク

ソフトボールのバッティングのコツ!大切なのは〇〇だった!!

ソフトボールのバッティングのコツで一番大切なのは、『構え』です。

「そんなの知っている!!」って感じる方もいるかと思いますが、このバッティングの基本的な構えが出来ていないと、ソフトボールを正確に捉えることができません。

このバッティングの構えを、上半身と下半身に分けると以下のポイントになります。

上半身のポイントがこちら!!

  • 右バッターは右手が上、左手が下にくるようにバットを持つ
  • 左バッターは左手が上、右手が下にくるようにバットをもつ
  • 右手と左手の間に隙間が出ないようにする
  • バットを持った時に脇が開かないようにする
  • バットを持つ手の位置は顔の高さにあげる

下半身のポイントがこちら!!

  • 両足は肩幅よりもスタンスを広めに取る
  • 両足に均等に体重を乗せる
  • 重心を下げるイメージで両膝を軽くまげる

上半身のポイントと下半身のポイントを両方同時に行って、はじめてバッティングの構えになります。

このバッティングの構えは、バッターボックスに入って投手が投球動作に入る前に、毎回同じ構えができるようになるまで、体に染み込ませる必要があります。

ソフトボールのバッティングの構えが安定しないと、正確にボールをバットで捉えることが出来ません。

ソフトボールをはじめて間もない時期は、バットを持った両手を顔の高さまで持ち上げるだけで、筋肉痛になる可能性があります。

なぜ、バットを持った手を顔の高さまで持ち上げる必要があるかというと、審判にもよりますが胸元の高さまで、ストライクを取られるためです。

顔の高さまでバットを持ち上げていないと高めのストライクに対応出来ないことになります。

最初から、顔の位置までバットを持ち上げる事ができない場合は、バットを持ち上げられる高さまで持ち上げて静止できるようにしてください。

ただし、バットの持っている位置が低いと、投手は高めのストライクを狙って投げてくる確率が高くなります。

バッティングのスイングスピードの速い打者でも、バットを持っている位置が低いと、

一度高めのストライクゾーンまで、バットの位置を上げてから打つことになるので、振り遅れたり、空振りする確率が高くなります。

これらのことから、あらかじめバットを持つ両手の位置は顔の高さで維持できるようにしておくことで、ソフトボールをバットで捉えるやすくなると言えますね。

バッティング動作で、△△だけは絶対に動かさない

ソフトボールのバッティング動作でボールをジャストミートするために、絶対にやってはいけないことは、『顔』を動かすことです

バッティング初心者でありがちな動作の一つに、ピッチャーの投球時に顔がピッチャー方向に傾いてボールを迎えに行ってしまう事があります。一般的に、このような動作の事を『体が突っ込む』といいます。

この体が突っ込むという状態になることで、目線がぶれてしまいボールをバットで正確に捉える事ができなくなります。

ボールは、待っていればあなたの体の近くを通過するので、ソフトボールをバットでジャストミートできる間合いまで引き付ける必要があります。この動作のことを、『ボールを呼び込む』と言います。

スポンサーリンク

ソフトボールのジャストミートには、□□□□□が重要!!

ソフトボールをジャストミートするためには『タイミング』が重要です。

タイミングを合わせるために、ピッチャーの球速や投球動作に合わせて、あなたのバッティングの動き出しを合わせる必要があります。

その上で、意識しなければならない事が、常にピッチャーの投球動作に合わせて、『どのタイミングで動き出すのか?』ということが大事になってきます。

ピッチャーもタイミングをずらすため、投球動作に入るまでの間をつくったり、チェンジアップのようなストレートとの球速差の球種を投げてくることもあるので、

打席に入る前に一番速いストレートにタイミングを合わせてジャストミートできる動き出しポイントを予測して素振りしておくことが大切になってきます。

ピッチャーが投げる一番速いストレートにタイミングを合わせておくことで、変化球がきても対応しやすくなるため、投球スタイルの異なるピッチャーが出てきても、一番速いストレートにタイミングを合わせる事だけは忘れないで下さい。

これが出来ないと、打席に入っても全くピッチャーの投球動作にタイミングを合わせる事が出来ず、バットにソフトボールを当てる事ができません。

まとめ

  1. ソフトボールのバッティングのコツで一番大切なのは、『構え』
  2. ソフトボールのバッティング動作で、『顔』だけは絶対に動かさない
  3. ソフトボールをジャストミートするためには、『タイミング』が重要

ここまで、ソフトーボールのバッティングのコツについて解説してきましたが、一番大切なことは、やはり『構え』です。

『構え』ができるようになって、はじめてピッチャーの投げるボールに当たる確率があがります。

ソフトボール初心者の方は、バッティングの『構え』を体に染み込ませる事から、はじめると良いと言えます。

スポンサーリンク

-ソフトボール
-

© 2022 もちしるべ@頭のストレス解消ブログ Powered by AFFINGER5