ソフトボール

【必見】ソフトボール2号の軽いバット初心者にオススメな3つの理由

ソフトボール初めたいけど、『バットってどれが良いんだろう?』とか、『ちゃんと振れるのか?』って悩んでいる方は必見です。

ソフトボール2号を扱う選手は、小学生の方が大半だと思います。

小学生で、初めてするスポーツは、分からないことだらけで、何を基準にバット選びをしてよいのか検討もつかないと思います。

この記事では、ソフトボール2号の軽いバットが、なぜ初心者の方にオススメなのか、その理由について解説していきます。

スポンサーリンク

ソフトボール2号軽いバット、初心者にオススメな3つの理由!

ソフトボール2号の軽いバットが、『なぜ、初心者の方にオススメなのか?』

その理由がこの3つ!!

  • 正しいバッティングフォームを身に着けやすい
  • 筋力が無くてもバットを振れる
  • ボールをジャストミートできるまでの習得期間が短い

それでは、各々の詳細について見ていきましょう!!

理由1:正しいバッティングフォームを身に付けやすい!!

正しいバッティングフォームを身に付けるために、ソフトボール2号の軽いバットが必要不可欠な理由は、『バットに振られない』からです。

『バットに振られないって?どういうこと?』って感じるかと思います。

ソフトボール2号のバットが重い場合、あなたが理想とするバッティングフォームを身に付けたくても、バットの重さに振り回されてしまいます。

こうなってしまうと、理想とするバットの軌道と全く違うところをスイングしているので、ボールに全然当たらないという結果になってしまいます。

当然、ボールがバットに当たらないとバッティングが面白く無いものになってしまい、やる気をなくすキッカケにもなってしまいます。

こうならないためにも、ソフトボール2号の軽いバットで、正しいバッティングフォームを身に付ける必要があります。

それでは、次の項目について見ていきましょう!!

理由2:筋力が無くてもバットを振れる!!

    ソフトボール2号のバットが軽い場合、筋力が無くてもバットをスムーズにスイング出来るので、ボールにバットを当てる確率が上がります。

    また、バットが軽いので、バッティングの構えから、フォロースルー(※1)といった一連のバッティングフォームをゆっくりした動作で確認しながらスイングすることが出来ます。

    (※1)フォロースルー・・・球技において、球を打つ、投げるなどした時に、最後まで振り切る動作

    バットが重く筋力が無い場合、バッティングの構えからフォロースルーといった一連の動作の中で、体がフラツイたり、バットを持つ手の位置が下がります。

    この結果、イメージしたバット軌道と、全く異なる軌道をスイングすることになります。

    理由3:ボールをジャストミートできるまでの習得期間が短い

    ソフトボール2号のバットが軽い場合、ボールをジャストミート出来るまでの習得期間が短くなります。

    ここまで、読まれた方は気づいていると思いますが、あなたがイメージした通りの軌道でバットをスイングすることが出来たら、ボールはバットの芯を捉える確率が高くなります。

    ボールがバットの芯を捉える事をジャストミートと言うのですが、このジャストミートの回数や確率が高くなると、強い打球が飛んでいくのでヒットになる確率が高くなると言えますね。

    軽いバットでも、ジャストミートすれば打球は外野まで飛ぶので、まずはバッティングの構えからフォロースルーといった正しいバッティングフォームを身に付ける事から始めるのが大事ですね。

    スポンサーリンク

    まとめ

    1. ソフトボール2号の軽いバットは、正しいフォームを身に付けやすい
    2. ソフトボール2号の軽いバットは、筋力が無くても振れる
    3. ボールをジャストミートできるまでの習得期間が短い

    ソフトボール初心者の小学生の方で、正しいバッティングフォームを身に付けるためにも、軽いバットから使い始めて見て下さい。

    軽いバットで、あなたのイメージするバッティングフォームが出来上がったら、徐々に重いバットに切り替えて打撃力のアップを図るのも良いと思います。

    仮に、重いバットでスイングしてバッティングフォームが崩れる場合は、軽いバットに戻して筋力アップを図ってから再度重いバットにチャレンジしてみて下さい。

    スポンサーリンク

-ソフトボール
-

© 2022 もちしるべ@頭のストレス解消ブログ Powered by AFFINGER5