防水バッグ海で人気のものはどれ?100均で流行ってる使いやすい商品はこれ!!

夏といえば、海やプールですね。海に持っていくバッグって、あんまり高級な物は持って行きたくないですよね。海水や、砂にまみれてベトベトになる可能性がありますよね。

そこで、水に濡れる心配もなく海やプールに持っていけるのが、防水バッグですね。

そこで、防水バックにどんなメリットがあるのか、私が様々な角度から情報収集しました。海で人気の防水バッグは、〇〇製のものだった!!100均で流行っている使いやすい商品はこれ!!

VICIOUSVENOM製 防水バッグ 引用元:Amazon

スポンサーリンク

海で人気の防水バッグはこれだ!!

防水バッグには、様々なタイプの物がありますが、海で流行っている防水バッグにはどんな物があるのか見ていきましょう!!

  • Moore Carden
  • GULL
  • SAS
  • HeleiWaho
  • MARCHWAY

それでは、このメーカーのどの防水バッグが人気があるのか見ていきましょう!!

Moore Cardenの防水バッグ

Moore Cardenの防水バッグは防水性を高め、IPX8防水(※1)で荷物を水から守ってくれる高機能なバッグですね。スマートフォン、着替えや貴重品などを濡らさずに持ち運べ、水辺でのアウトドアやレジャーに最適ですね。

また砂、泥や土などで汚れる場所に持ち運んでも問題ないようですね。

Moore Cardenの防水バッグは、表面の生地だけでなく内側も丸洗いしてきれいにすることができますね。

この防水性を活かせば、開口部を広げて水くみ用のバケツとしても使うことができますね。災害時のアイテムとして使えそうですね。

2~30Lまでの幅広いサイズに加え、全部で14色の充実したカラーバリエーションがありますね。デザインや大きさに応じて、さまざまなシーンで活躍できる防水バッグですね。

IPX8防水(※1)・・・9段階ある防水規格の最高位の規格で、メーカーと機器の使用者間の取り決めによるが「水面下での使用が可能」という規格ですね。

Moore Carden製 防水バッグ 引用元:Google

GULLのウォータープロテクトバッグ

シュノーケリングが趣味と言う人に最適な防水バッグですね。フロントのポケットにはフィンを入れられるようになっており、バラクーダフィンも収納して持ち運ぶことができますね。

防水バッグの上部が浸水しないようにロールトップとなっていますが、ちょっとした荷物の出し入れはサイドのファスナーから取り出せるようになってますね。リュックを降ろさなくても必要なものが取り出せる工夫がされてますね。

容量も24Lとちょうど良く、海で必用なアイテムは、ほぼ収納できるようですね。

GULL製 ウォータープロテクトバッグ 引用元:Rakuten

SASのウォータープルーフリュック

このバッグもリュックタイプになっているので両手が塞がらず、使いやすい防水バッグですね。肩ベルトには厚手のパッドが入っているので、荷物の重さを和らげて背負っても疲れにくくなっているようですね。

ロールトップタイプなので雨が降っても安心で、海や川へ出かける際に便利ですね。容量が不明で、どのくらいの収納できるか分からない点が残念ですね。

縦50cm、横34.5cm、マチ13cmとのことなので、約10~20L位の容量がある思われますねね。

SAS製 ウォータープルーフリュック 引用元:Rakuten

スポンサーリンク

HeleiWahoの防水バッグ

通勤通学などで普段使い用に検討している人にぴったりなモデルですね。防水バッグと言うとほとんどがアウトドアシーンに向けたデザインとなっていますが、この防水バッグはシンプルで服装を選ばず、使えそうですね。

防水性抜群のコーテッドターポリン(※2)を採用していますので水をしっかりと弾き、大切な荷物を守れるようですね。20Lと十分な容量があり、仕事や学校で必用な荷物も収納しやすいですね。

コーテッドターポリン(※2)・・・ナイロン生地を樹脂でコーティングした物で、高品質の防水加工

HeleiWaho製 防水バッグ 引用元:Amazon

MARCHWAYのロールトップ

500D(※3)の厚手のターポリンを使用したバッグで、水上でのアクティビティだけでなく、雨の日の防水用や、災害時の緊急バッグとしても役立つタイプですね。

開口部を広げると円柱型になっており、荷物を収納したり取り出したりしやすい形状になってますね。

開口部は丸めて浸水を防ぐロールトップタイプになっているので、土砂降りの中でも安心ですね。リュックサックだけでなくショルダータイプとしても使えるので、状況に応じて持ち運びやすいですね。

500D(※3)・・・500デニールという読みで、デニールは糸の単位で、その糸が9000Mの長さで何gあるかを表しております。

この場合は、500なので9000Mの長さの糸が500gある事になりますね。数字が大きくなると糸の目が詰まった状態になりますね。

MARCHWAY製 ロールトップ 引用元:Amazon

100均で流行っている使いやすい防水バッグはこれ!!

手軽に買えて重宝するのが100均の商品ですよね。そこで、防水バッグで流行っていて使いやすい物を調べてみました。それがこちら!!

  • ビニールバッグ
  • スマートフォン用防水ケース

それでは、おのおの詳細を見ていきましょう!!

ビニールバッグ

海やプールに持っていく必需品といえば、ビニールバッグですね。ビニールバッグは濡れた水着やタオルを持ち運ぶのに便利ですね。

スマートフォン用防水ケース

もう一つの必需品は、スマートフォン用防水ケースですね。こちらは、水だけで無く砂や泥よけにも使えるので重宝しますね。私もスマートフォン用防水ケースは欲しいですね。

まとめ

  • Moore Cardenの防水バッグは、防水規格の最高位で「水面下でも使える」
  • GULLのウォータープロテクトバッグはシュノーケリング用のフィンを収納できる
  • HeleiWahoの防水バッグは、普段の通勤通学ようとして併用できる
  • 100均のビニールバッグとスマートフォン用防水ケースは安価で重宝する

一昔前ですと、防水バッグというと、デザインや素材がイマイチな商品が多かったと思うのですが、最近ではカッコイイデザインで高い防水規格をクリアした人気の防水バッグが多くなってますね。

海やプールに持っていくのは、当然なのですが普段使いとしても持ち運べる防水バッグもあり、インドアタイプの方にも人気が出てくるような気がしますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする