日焼け止めハイブランド品ってどれだけ効果あるの?選ばれる理由がここにあった!!

『ハイブランド日焼け止めってどれだけ効果あるのかなぁ?』って思うときありますよね。

『安い日焼け止め匂いがキツくて使うのやめてしまったぁ・・・』『肌荒れして途中で使うの止めたんだよなぁ・・・』また、安い日焼け止め買って失敗したくないですよね。

こういった問題点を解消している物がハイブランド日焼け止めですね。それでは、なぜハイブランド日焼け止めが選ばれるのか?

その理由をさまざまな角度から調べてみました。それがこちら!!

日焼け止め 引用元:canva
スポンサーリンク

日焼け止めハイブランド品が選ばれる理由って何?

日焼け止めハイブランド品はが選ばれる理由が、敏感肌や乾燥肌の方にも安心して使っていただけるように皮膚科の医師や大学の協力を得て日焼け止めの開発を行っている物が多い。

一般的なUVカット剤に含まれる紫外線吸収剤や、紫外線乱反射剤のように肌に長時間付着すると酸化して活性酸素を出す物質を使用せずに、紫外線から肌を守る日焼け止めの開発している。

また、お湯や石鹸での洗い流しやすさが考えられており、日焼け止めの使いやすさまで研究されている

これらの基準で作られている日焼け止めハイブランド品のオススメを見ていきましょう

関連記事:日焼け止め、部屋の中での対策は?紫外線から身を守る方法がこちら!!

日焼け止めハイブランド品のオススメベスト5がこちら!!

日焼け止めハイブランド品のオススメベスト5がこちら!!

  • ノブ
  • キュレル
  • ドゥーエ
  • アクセーヌ
  • ブルークレール

それでは、各々どんなハイブランド品なのか詳細を見ていきましょう!!

ノブ

ノブは敏感肌やニキビ肌の方を対象に作られた日焼け止めですね。敏感肌対策で紫外線吸収剤を使わず、のびがよく白くなりにくいのが特徴。

ノブは、日焼け止めを落とす際の肌負担が考えられています。お湯だけで洗い流せる「ノブ UVミルクEX」は肌に優しく使い勝手がよい商品だと言えます。

キュレル

キュレルは、肌のバリア機能とうるおいを保つ機能を担っている「セラミド」に、注力して作られた敏感肌や乾燥肌用の日焼け止めです。

キュレルの日焼け止めは、紫外線吸着剤を使用していません。無香料、無着色でアルコールフリーなので、匂いに敏感な方でも不快に思うことなく使える一品ですね。

ドゥーエ

ドゥーエは「敏感皮膚研究」を続けてきた低刺激スキンケアブランドです。肌トラブルを抱える敏感肌にうるおいを提供してくれます。

ドゥーエの日焼け止めは、紫外線吸着剤を使用しないノンケミカルタイプで、刺激に弱い肌を紫外線から守ります。ベタつかず、さらっとした感触が特徴です。

スポンサーリンク

アクセーヌ

アクセーヌは皮膚科専門医と共同開発している日本の化粧品ブランドです。

アクセーヌのスーパーサンシールド EXは、アクセーヌ史上最高のUVカット効果を実現。

紫外線吸着剤を使わないノンケミカルタイプで、SPF50+とPA++++なので屋外や炎天下で作業される方から選ばれてます。

ブルークレール

ブルークレールはオーガニックコスメのブランドです。ブルークレールは無添加、美容成分、天然植物成分と天然湧水といった素材の一つ一つにこだわっております。

ブルークレールの日焼け止めは、花粉、PM2.5、ロングUV-A、ブルーライトそして近赤外線まで遮断します。大気中のあらゆる物質から肌を守ってくれる一品です。

関連記事:日焼け止めそのまま寝るとどうなる?寝落ちしても失敗しない方法がこれ!!

まとめ

  • 日焼け止めハイブランド品が選ばれる理由が、皮膚科の医師や大学の協力を得て開発している
  • 日焼け止めハイブランド品は、肌に長時間付着すると酸化して活性酸素を出す物質を使わない
  • 日焼け止めハイブランド品は、お湯や石鹸での洗い流しやすさまでこだわっている

日焼け止めハイブランド品は、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使えるように、皮膚科医や大学の協力を得て商品を開発している。

これは、使う人に大きな安心感を与えてくれますね。

日焼け止めハイブランド品は、紫外線を抑えて封じ込めるだけにとどまらず、使う人の事を第一優先に考えて作られているから、選ばれている事が言えますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする