熱中症に効果的な頭痛薬はカロナール!寒気や関節痛の症状がある時はどうすれば治る?

毎年暑い時期になると、必ず耳にするのが熱中症ですね。熱中症の症状は理解できていて、熱中症になりやすい環境も分かっているのに、毎年熱中症で緊急搬送される人がいるのはなぜだと思いますか。

緊急搬送される熱中症患者も年々増加しているようで、まだまだ熱中症に対する知識が足りていない可能性が高いですね。では、どうすれば熱中症を避けることができるのか?どのような環境で熱中症になりやすいのか?熱中症の初期はどのような症状が出るのか?

様々な角度から、いろいろ調べてみました。

熱中症の頭痛に効果的な頭痛薬は「カロナール」?寒気や関節痛のでる症状には、この対策が効果的!!

熱中症 頭痛 引用元:Google

スポンサーリンク

そもそも、なぜ熱中症になってしまうの?

熱中症になる要因は、急激な温度変化や高温多湿の環境で、体温のコントロールに「異常」をきたすことで、発症しますね。では、体温のコントロールに異常をきたす要因には何があるのか見ていきましょう!!

「汗」の異常

通常、気温が上昇して暑くなると、汗をかきますよね。汗は体温を低下させる役割があり、汗が蒸発する時の気化熱で体温を下げて、一定の体温になるようにしてますね。

しかし、熱中症になってしまう方は、「暑いはずなのに汗が出ない」状態になってしまうようです。汗をかいて、体温コントロールをすることが出来ないので、体内に熱がこもって熱中症になっているようですね。

「血管の拡張と収縮」の異常

寒さを感じると血管は収縮して、血流量を減らして体温を外に逃さないようにします、暑さを感じると血管は拡張して血液量を増やして体温を外に逃がそうとするようです。

わたしたちの体温コントロールで、重要な役割をしている「汗」と「血管」の働きが、急激な気温の上昇や、高温多湿の環境で、「発汗しても蒸発しなくなる」、「発汗による水分不足が原因で血管が拡張しなくなる」という問題が発生し、熱中症になるようです。

熱中症に頭痛薬の「カロナール」は効果的?

熱中症で頭痛の症状が現れた時に、「カロナール」という薬を処方する医師が多いようですね。

「熱中症の症状に頭痛薬を飲んでも大丈夫?」と思う方も多いと思いますが、カロナールは解熱鎮痛剤として使われている薬なので、原因が熱中症であれ頭痛を和らげる効果は期待できると思いますね。

ひどい頭痛にはあまり効果がないかもしれませんが、副作用の報告も少なく安全性が高いため、熱中症患者に処方されることが多いようです。

効果的な使い方としては、最初に熱中症の症状としての頭痛を和らげる方法から行ってみて下さい。

  • 涼しい場所に移動する
  • 数回に分けて水分を補給する
  • 通気性の良い服装に着替える
  • 横になって身体を休ませる

それでも「なんとなく頭痛が治らない」という時は、カロナールを服用してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事:熱中症対策の効果的な食べ物にお菓子があった!頭痛の治し方とお風呂の関係は何?

熱中症で寒気、関節痛は、なぜ起こるの?

熱中症の症状から、関節痛が起こる要因は、体温が高くなり体内に熱がこもることで、筋肉細胞がダメージを受けて、血中に酸素を送る機能が低下するようですね。

これにより、身体中の筋肉の働きが弱まることで、だるさを感じ、筋肉をうまく使うことができないため関節に負担がかかって関節痛として現れることになるようですね。

熱中症の症状から寒気が起こる要因は、高熱で頭が「くらくら」したり「ぼーっと」してしまい、脳が熱によってダメージを受けている時に起きやすいようですね。

体温調節をつかさどる脳の機能が狂ってしまい体内に適切な指示が出せない事で起こるようですね。

体温調節ができなくなる事で、体のいたる所に変調をきたし、さまざまな信号がでることが分かりますね。

それでは、このような症状がでたときは、どう対処すればよいか見ていきましょう!!

熱中症で寒気、関節痛の症状がでた時の対処方法は?

寒気の症状がでた時の対処法はこちら!!

寒気の症状がでた時の対処法は、体内で大きな血管が通っている首の後ろや、脇の下などに保冷剤や冷やしタオルなどを当てて体温を下げるようにしてみて下さい。

効果的に体温を低下させることができますね。

関節痛の症状がでた時の対処法はこちら!!

関節痛の症状がでた時の対処、予防法としては水分補給をこまめにすることですね。室内にいる場合は、クーラーや扇風機を最大限活用して空気を循環させて過ごすようにしてみて下さい。

気温が高い時は、できるだけ外出を控える事をオススメいたします。

熱中症対策 引用元:Google

まとめ

  • 熱中症で頭痛の症状が現れた時に、解熱鎮痛剤の頭痛薬「カロナール」は効果的
  • 熱中症で寒気の症状がでた時は、首の後ろや脇の下を冷やす
  • 熱中症で関節痛の症状がでた時は、水分補給をこまめに行い、冷房の効いた部屋で過ごす

熱中症は、病気というよりは一つの症状なのですが、これほどまでに死の危険を伴う、急性の症状は他にないと思いますね。

病気でないだけに、それほど警戒していない人も多いかも知れませんが、別の言い方をすると、日常生活の中で、健康な方が、いつどこで熱中症を発症して、死の危険にさらされても不思議では無いということですね。

炎天下の中の長時間勤務などで、どうしても避けられない方もいるかも知れませんが、ちょっとでも、いつもの調子と違うと思ったら、迷わず休憩したり、体調不良を伝えるようにして下さいね。“体が資本“なので、無理されない事ですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする