熱中症対策の効果的な食べ物にお菓子があった!頭痛の治し方とお風呂の関係は何?

日に日に暑さが増して、真夏日や猛暑日を連日記録する時期になってきましたね。この暑さが続くと心配になるのが熱中症ですね。

熱中症は、体温の異常な上昇が引き金になっておこる症状ですね。いつどこで、熱中症は「いつ、どこで」なるか分からないので、非常に怖いですね。

この熱中症対策として効果的な食べ物に、お菓子があるようですね。また、熱中症で頭痛になった時の治し方にお風呂は良いのでしょうか?そこで、熱中症対策に必要な事をいろいろ調べてみました。

熱中症対策に効果的な食べ物は「塩」にあった!!熱中症で頭痛になった時の治し方は、お風呂とこんな関係があった!!

熱中症 引用元:Google

スポンサーリンク

熱中症対策のお菓子に、どんな食べ物があるの!!

熱中症対策には、塩分補給できる食べ物が効果的のようですが、どんなお菓子があるのかいろいろ調べてみました。

  • ライオン菓子「うめ塩飴」
  • パイン「塩スポーツキャンディ」
  • 春日井製菓「塩あめ」
  • 春日井製菓「黒糖入り塩あめ」
  • ランドアート「塩タブレット5兄弟」
  • 森永製菓 「inタブレット塩分プラス」
  • アサヒグループ食品 「梅干し純タブレット」

それでは、各々どんなお菓子なのか見ていきましょう!!

ライオン菓子「うめ塩飴」

暑い季節においしく手軽に塩分補給ができる、携帯に便利なスティックタイプのタブレットですね。梅塩味であまじょっぱいようですね。ひと粒で一般的なスポーツドリンク約130ml分にあたる、60mgのナトリウムを摂取できるようですね。

パイン「塩スポーツキャンディ」

塩スポーツキャンディは、「伯方の塩」を使ったほんのりレモン風味のキャンディです。4種類のミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム)が入っており、汗で失われたミネラルを素早く補給してくれます。

春日井製菓「塩あめ」

塩あめは「伯方の塩」を使った、ほどよい甘さと塩でさっぱりとした味に仕上がってます。隠し味に醤油を使われてますね。湿度と気温の高い夏場の塩分補給にオススメです。

春日井製菓「黒糖入り塩あめ」

黒糖入り塩あめは、沖縄の海水塩「青い海」と沖縄産黒糖を使用したさっぱりとした味わいの塩あめに黒糖を包んで作られてます。登山やスポーツに最適なあめですね。

ランドアート「塩タブレット5兄弟」

塩タブレット5兄弟は、梅味、レモン味、ミックスフルーツ味、ピーチ味とグレープ味の5つの味が楽しめますね。噛み砕きやすいので素早く塩分補給できますね。

森永製菓 「inタブレット塩分プラス」

inタブレット塩分プラスには、8種類のビタミン、クエン酸、塩分とカルシウムが含まれてますね。スポーツやアウトドア、お出かけ、屋外でのお仕事で、熱中症対策の塩分補給にとても便利なタブレットキャンディです。

アサヒグループ食品 「梅干し純タブレット」

梅ぼし純タブレットは、しそ入り梅ぼしパウダーが使われており、熱中症対策に必要な、塩分、糖分とクエン酸が配合されてますね。酸味、塩味と梅ぼしの味わいを楽しむことができます。

スポンサーリンク

関連記事:熱中症に効果的な頭痛薬はカロナール!寒気や関節痛の症状がある時はどうすれば治る?

熱中症の頭痛の治し方とお風呂の関係は?

熱中症は高温で湿度の高い環境の中で、体の温度調節ができなくなっておこる症状ですね。この熱中症には3つの状態があるようですね。まずは、こちらをご覧ください。

状態 具体的な症状
軽症 目まいや立ちくらみ、筋肉が硬直して、こむら返りになりやすくなる
中等症 頭痛、吐き気、怠いなど体を動かすのがきつい状態になる
重症 痙攣、意識がはっきりしないなど危険性が高い症状があらわれる。

頭痛は、中等症にはいるので、危険信号と言えますね。この状態の時に無理をすると重症化してしまうので、注意が必要ですね。

お風呂につかるのは、体温も上昇し体力も使いますので、弱った体で入るのは危険性が高いですね。熱中症は、高温で湿気が多いとなりやすいので、お風呂はこの環境にあてはまりますね。

熱中症で頭痛がする時は、お風呂に入らずに体を休めることをオススメします。どうしても、汗が気持ち悪くて寝れないという場合は、固く絞ったタオルで体を拭いてから寝るようにしてみてください。

熱中症 引用元:Google

まとめ

  • 熱中症対策として効果的なお菓子は、塩分の入っている食べ物
  • 外出する際は、塩分の入ったお菓子を携帯し定期的に補給する
  • 熱中症で頭痛がする場合は、中等症なので、高温多湿のお風呂をさける
  • 熱中症で頭痛がする場合の治し方は、お風呂に入らず、固く絞ったタオルで汗を拭いて体を休める

夏の暑さが厳しくなると、必ず耳にするのが熱中症ですね。夏場の日本は高温多湿で、熱中症になりやすいですね。発汗とともに失われるミネラル分を塩分の入ったお菓子で補給される事をオススメします。

熱中症で頭痛がする時に、冷たいシャワーを浴びれば良いと考えがちですが、心臓への負担が掛かるため、少しぬるま湯で足元からシャワーを浴びるようにしてみて下さいね。

定期的な水分補給と塩分補給をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする