【発見】口臭予防にガムを噛むのは効果的?実は4つのメリットがあった!!

口臭予防って気にはなっているけど、

『ガムって効果あるのかなぁ?』

『どんなガムがいいんだろうなぁ?』

『どのくらいの時間、ガムを噛めばいいんだろうか?』

といった事が気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな人に向けて、口臭予防にガムを噛むことで、

  • ガムの効果
  • ガムの種類
  • ガムを噛むタイミング
  • について詳しく解説しました。

    スポンサーリンク

    口臭予防にガムを噛むことが効果的な理由とは?

    唾液が減少すると、口の中に残っている食べかすが細菌によって分解されガスが発生されます。このガスによって口が臭くなってしまいます。

    そこで、ガムを噛むことで唾液を増やし、唾液の消臭・殺菌効果で口臭を予防することができます。

    ガムを噛むことは、口臭予防に以外に〇〇を活性化させていた!!

    ガムを噛むことで、脳が活性化されます。「なぜ、脳が活性化されるの?」と考えられる方もいると思います。

    ガムを噛むことで、歯の根本にある歯根膜というクッションのような所が、圧力で沈み込みます。この時に、この歯根膜がポンプのような働きで血液を脳に送り込んでいます。

    では、「活性化された脳はどんな力を発揮してくれるのか?」というと、

  • 『集中力が高まる』
  • 『記憶力が高まる』
  • 『反射神経が高まる』
  • 『判断力が高まる』
  • このような効果があります。

    記憶力に関しては、咀嚼回数が少ないと痴呆症になるリスクが高まるということが分かっているため、ガムを噛むことで痴呆症の予防にもなっています。

    スポンサーリンク

    どんなガムを噛めばいいの?

    ガムにもいろんな種類がありますが、糖類を使っていないことと、酸性成分を含んでいないガム良いです。

    糖類は砂糖などで、酸性成分はレモン味やアップル味に含まれるクエン酸や果汁です。これらは、酸性成分で口腔内が酸性に傾くと口が臭くなります。

    口臭予防のためにも歯に良いガムは、歯科専用ガムです。それがこちら!!

    • キシリトール
    • リカルデント
    • ポスカエフ

    それでは、各々どのような商品なのか見ていきましょう!!

    キシリトール

    キシリトール以外の甘味料を使っていないガムです。

    リカルデント

    牛乳たんぱく質から作られた、歯の再石灰化を促進する成分が含まれているガムです。

    ポスカエフ

    虫歯の原因となる酸を作らない食品素材でできた、歯の再石灰化を促すガムです。

    ガムを噛むタイミングはいつ?

    ガムを噛む効果的なタイミングは、毎食後と就寝前です。

    毎食後にガムを噛むことで口臭予防と脳の活性化により集中力を高められるので、特に、眠くなりがちな昼食後のガムは効果的だと言えます。

    また、就寝前のガムを噛む効果として、唾液の分泌を増やしてから寝ることができます。

    就寝中は唾液の分泌が少なくなり、口の中が乾燥しやすいので雑菌が増えやすくなるので、これらの悪い条件を改善することができます。

    ガムを噛む時は、唾液の分泌を促すために5分~15分程度噛むことがオススメです。

    まとめ

    • ガムを噛むことで唾液を増やし、唾液の消臭・殺菌効果で口臭を予防する
    • ガムを噛むことで、脳が活性化される
    • 歯に良いガムは、『キシリトール』、『リカルデント』と『ポスカエフ』
    • ガムを噛むタイミングは、毎食後と就寝前に5分~15分噛み続ける

    毎食後や就寝前にガムを事で、唾液の量が増えて、唾液の・殺菌効果で口臭が予防できるだけでなく、脳か活性化されて、集中力、記憶力、反射神経、判断力が高まりますね。

    今まで、ガムを噛む習慣がなかった人も、ガムを定期的に噛んで口臭予防と脳内活性化を感じてみてください。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする