日焼け止めそのまま寝るとどうなる?寝落ちしても失敗しない方法がこれ!!

『日焼け止めしたまま寝ちゃったんだけど大丈夫かなぁ?』そういう時ってありますよね。

『肌荒れしないかなぁ?』『シミ、そばかすが増えちゃう・・・』とか不安ですよね。炎天下から帰ってくると疲れてそのまま寝落ちすることもありますね。

そんな時に、『日焼け止めをつけて、そのまま寝れるものって無いのかなぁ?』という事で、私がさまざまな角度から調べてみました。

実は、日焼け止めの〇〇が直接肌に触れなければ、肌に刺激を与えないんです。それでは、詳しく見ていきましょう!!

日焼け止め 引用元:canva
スポンサーリンク

日焼け止めそのまま寝る!寝落ちしてもこれで対策できた!!

日焼け止め寝落ち対策は、日焼け止めをつけたまま寝ても大丈夫なものを使うことです。それでは、どんな物があるのか見ていきましょう!!

  • UV A&B+C
  • オーガニックサンケアオイル

具体的にどんな商品なのか見ていきましょう!!

UV A&B+C

日焼け止めUV A&B+Cは、UVカット剤(※1)が、直接肌に触れないようにマイクロ粒子レベルで顔や体の表面をコーティングします。UVカット剤(※1)が酸化することで発生する活性酸素のダメージを受けないのが特徴。

一般的な日焼け止めはUVカット剤(※1)を直接肌に付けます。UVカット剤(※1)は油分であるため時間の経過とともに酸化して活性酸素を出します。この活性酸素が肌の老化を促進することになります。

しかし、マイクロ粒子レベルで肌をコーティングできる日焼け止めは、この活性酸素が直接肌に触れないので、肌ダメージを限りなくゼロにできると言えますね。

また、UV A&B+Cは「うるおう日焼け止め」と言われており、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分と保湿成分が配合されており、美容液のようなつけ心地を実現してますね。

紫外線で湿疹がでる敏感肌の方にもオススメの日焼け止めだと思います。

UV A&B+Cを今すぐ確認したい方はこちらをクリック!!

UVカット剤(※1)・・・「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類に分類されます。 「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収し紫外線の影響を防ぎます。 「紫外線散乱剤」は、紫外線を乱反射させて紫外線の影響を防止。

オーガニックサンケアオイル

オーガニックサンケアスキンオイルは、『日焼けしにくい肌作り』をテーマに作られた100%植物成分の日焼けケア美容液です。日焼けケア美容液なので夜も塗って寝れることで、肌の抗酸化のケアに役立つ。

キャロットエキスやエーデルワイスエキスなどに代表されるように「日焼け止めの代用品」や「美白成分」として使われてきた歴史があります。

これらの成分に植物オイルと大豆レシチンの乳化作用でウォータータイプの美容液に仕上がってますね。

100%植物成分の乳液タイプ日焼けケア美容液で、日焼け止めと肌作りが寝ている間にできますね。普段使いの化粧品として使うこともできますね。

オーガニックサンケアオイルを今すぐ確認したい方はこちらをクリック!!

スポンサーリンク

関連記事:日焼け止めハイブランド品ってどれだけ効果あるの?選ばれる理由がここにあった!!

日焼け止めの塗り方で気をつけるべき3つのポイントがこれ!!

日焼け止めの効果を最大限に発揮させるために、気を付けるべき3つのポイントがこちら!!

  • 日焼け止めは、直射日光を浴びる30分前に塗る
  • 日焼け止めは、保湿ローションを使ってから塗る
  • 日焼け止めは、厚めにたっぷり塗る

それでは、各々詳細を見ていきましょう!!

日焼け止めは、直射日光を浴びる30分前に塗る

日焼け止めの効果を最大限に発揮する事を考えた場合に、直射日光を浴びる30分前に日焼け止めを塗ることをオススメします。

外出してから3分ほどで日焼けが始まるので、『ちょっとだけだから大丈夫』と日焼け止めを塗らずに外出すると、知らぬ間に体中ヒリヒリしていたなんて事になってしまいます。

だからと言って、外出する1時間や2時間以上前から日焼け止めを塗っても外出するころに効き目が弱まっている事になりますね。

日焼け止めが肌に浸透して効果を発揮する30分前ぐらいに塗っておくと、塗り直し回数を減らせて効果を最大限に発揮することができますね。

日焼け止めは、保湿ローションを使ってから塗る

日焼け止めの効果を最大限に発揮する2つ目のポイントは、保湿ローションを使ってから塗ることです。

肌が乾燥している状態で、日焼け止めを塗ると肌が保湿されてないので、汗と一緒に流れ落ちてしまう可能性が高くなります。

保湿ローションを肌に下塗りすることで、日焼け止めを肌にガッチリ固定し効果を長持ちさせることができますね。

日焼け止めは、厚めにたっぷり塗る

日焼け止めの効果を最大限に発揮する3つ目のポイントは、厚めにたっぷり塗ることです。

日焼け止めを美容液や乳液のように薄く伸ばして使ってしまうと、全く効果が現れず日焼けしてしまうことがあります。

日焼け止めは、購入した年に使い切るイメージで厚めに塗って絶対日焼けしないようにしましょう。

せっかく塗っても日焼けしたら意味がないので、『もったいない』とは思わず、『これでもかぁ~』くらいの意識で塗ると効果がありますね。

日焼け止め 引用元:canva

関連記事:日焼け止め、部屋の中での対策は?紫外線から身を守る方法がこちら!!

まとめ

  • 日焼け止め寝落ち対策は、『UV A&B+C』と『サンケアオイル』
  • 日焼け止めのUVカット剤が直接肌に触れ泣けば肌に刺激を与えない
  • 日焼け止めは、塗り方を意識することで最大限の効果を得られる

日焼け止め塗ってそのまま寝てしまった時の寝落ち対策は、あらかじめ寝てしまっても大丈夫な日焼け止めを塗ることですね。

日焼け止めの種類もたくさんありますが、寝る前に美容液として使えるタイプやマイクロ粒子レベルで肌を紫外線からコーティングできるタイプの物はあまりないですね。

今までの日焼け止めがうまく馴染まなかった方は一度試してみる価値があると思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする