日焼け止め、部屋の中での対策は?紫外線から身を守る方法がこちら!!

『一日中部屋の中にいたのに知らぬ間に小麦色に日焼けしてた・・・』なんてことありませんか?

『直射日光を浴びてないのに、なぜ日焼けするの?』とか『知らぬ間に体中がヒリヒリする!』このような事は絶対に避けたいですね。

実は、『直射日光の対策だけが、日焼け止めになるとは限らないんです。』日焼け止めを確実にブロックするには、紫外線の性質をしる必要があった。それがこちら!!

UVカット 引用元:canva
スポンサーリンク

部屋の中での日焼け止め対策はどんなものがあるの?

部屋の中で出来る日焼け止め対策は大きく分けて2通り!それがこちら!!

  • 日焼け止めを塗る
  • 紫外線をカットしたものを使う

それでは、具体的に詳細を見ていきましょう!!

日焼け止めを塗る

部屋の中でも日焼け止めを塗ることは、肌をやかない対策になりますね。ただし、外出時に塗っている日焼け止めと同じものはオススメ出来ません。

なぜなら、外出時に塗っている日焼け止めの多くSPF50などのUVB(紫外線B波)に対応したものだからです。

基本的に室内で日焼けする場合は、UVA(紫外線A波)の影響を受けるため、PAの+数字が多いものが良いです。

室内での日焼け止め対策ではSPFの数値が低く、PAの+が多い物を選ぶ事で、肌に余分なストレスを与えることなく快適に過ごす事ができますね。

強い日差しを手で覆う女性 引用元:canva

UVA(紫外線A波)・・・地表に降り注ぐ紫外線の9割を占めるのがUVAです。UVAの特徴は波長が長く、家のガラスを透過して侵入してくることから『生活紫外線』とも言われてますね。

UVB(紫外線B波)・・・UVBは波長が短く、屋外で日焼けする時の主な要因になっており『レジャー紫外線』とも言われてます。

PA・・・プロテクショングレードオブUVAの略でUVAの防止効果を表します。PAの+表示が多いものが効果が高い。

SPF・・・サンプロテクションファクターの略でUVBの防止効果を表す。SPF30やSPF50の数値は、個人差のある日焼けまでの時間を30倍遅くする。もしくは50倍遅くするという意味です。

スポンサーリンク

関連記事:日焼け止めハイブランド品ってどれだけ効果あるの?選ばれる理由がここにあった!!

紫外線をカットしたものを使う

市販されている紫外線カットされた物がこちら!!

  • UVカットカーテン
  • UVカットフィルム
  • UVカットメガネ

それでは、各々の詳細を見ていきましょう!!

UVカットカーテン

UVカットカーテンで、特にオススメなのが異次元ミラーレースカーテンです。

この、異次元ミラーレースカーテンは、極限まで編み込むことで生地密度を最大に高めた結果、UVカット率95.5%を実現したレースカーテンです。

通常のカーテンでは、100%通り抜けてしまう紫外線を95.5%カットする事で、室内での日焼け止めを塗らなくても、紫外線対策ができますね。

異次元ミラーレースカーテンのもう1つの特徴は、生地密度が高いため、夏は遮熱とUVカット、冬は断熱に対応可能。エアコンや暖房器具の電気代を節約できるエコカーテンですね。

UVカットフィルム

UVカットフィルムで、99%の紫外線カット効果のあるガラスフィルムがオススメです。

一般的な窓ガラスは採光性といった、昼光を室内に取り入れて部屋の中を明るくすることを目的につくられています。

これらの窓ガラスは、100%紫外線が室内に入り、知らぬ間に紫外線焼けによる家具家電などの変色や色褪せが起こります。

99%紫外線カットするガラスフィルムは、無職透明なので部屋の中の明るさを保ち快適に過ごすことができますね。

UVカットメガネ

UVカットメガネで、99%紫外線をカットできるJINSメガネがオススメです。

目から光を浴びると、脳が紫外線から身を守るためにメラニン色素をつくる司令を出る。これにより、体の表面に現れたメラニン色素により紫外線は吸収されます。

しかし、このメラニン色素がシワ、シミの原因になるので、目から入る紫外線を遮断する必要があります。

JINSメガネは、メガネ前面からの紫外線をカットするのはもちろんですが、レンズと顔の隙間から入る紫外線を95%カット。

UV反射防止コートがJINSメガネの裏面から施されているので、乱反射する紫外線から目を守ってくれますね。

今すぐ公式サイトを確認する!!

UVカットメガネ 引用元:canva

関連記事:日焼け止めそのまま寝るとどうなる?寝落ちしても失敗しない方法がこれ!!

まとめ

  • 室内での日焼け止め対策は、『日焼け止めを塗る』と『紫外線カットされた物を使う』こと
  • 室内で効果があるのはUVAをカットした日焼け止め(PA+の多いもの)
  • 室内での紫外線対策は『UVカットカーテン』、『UVカットフィルム』と『UVカットメガネ』

室内での日焼け止めは、うっかり忘れがちですが、紫外線は天気の良い日だけでは無く、曇り空の日でも放出されているので、普段の生活から対策することが大事になりますね。

日焼け止めを塗ることは、時間がかかって面倒ですが、UVカットフィルムなどの物による対策は持続性があります。

敏感肌や湿疹のできやすい方は、試してみる価値があると思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする