トレンドブログ書き方テンプレートの「ネタバレ」がこちら!!

『トレンドブログの書き方ってどういう構造になってるんだろう?』って思ったりしてませんか?『アクセス集めてる人のテンプレートが分かればなぁ~』自分もできるのにって考えますよね。

実は、アクセスを集めている人のテンプレートを知るだけでは足りないんです。

アクセスを集めているブロガーが共通して行っている視点をマスターしないとアクセスが集まりません。

この記事では、アクセスを集めているブロガーがどんな視点でブログを書いているのか様々な角度から調べてみました。

ブログ記事作成 引用元:canva
スポンサーリンク

トレンドブログ書き方テンプレート!!〇〇目線が大事だった!!

トレンドブログ、特化ブログに共通する書き方のテンプレートで、一番大事なのがユーザー目線です。

なぜ、ユーザー目線が大事なのかというと、ブログを読む読者の視点で記事を書かないと読まれないからです。

あなたが書きたいように書いた記事は、読者にとって価値のないものである場合、ゴミ記事になってしまいます。

ここで一番大切なことが、『誰のために、記事を書いているのか?』ということを常に意識することです。

トレンドブログ、特化ブログの一般的なテンプレートがこちら!!

導入部分・記事タイトル
・イントロダクション
記事本文部分・見出し1
  見出し1の内容
・見出し2
  見出し2の内容
・見出し3
  見出し3の内容
まとめ部分・見出しまとめ
  まとめの内容

導入部分、記事本文部分、まとめ部分のすべて大事なのですが、特に大切な導入部分のイントロダクションについて説明いたします。それがこちら!!

イントロダクションは映画の〇〇と同じ役割があった!!

導入部分のイントロダクションが、読者が欲しい情報に触れていないと、その時点で記事から離脱されてしまいます。

読者に記事から離脱されないようにするために、映画の予告編と同じような役割が求められます。

ここで大事になってくることが、『読者はどんな悩みや問題を抱えて検索してきたのか?』仮設を立てることです。

イントロダクションでは、検索窓に入力されたワードから文章を作り出し、その答えを導く文章構成にしてあげることが大事になります。

読者が、『私が知りたかった事が、ここに書いてあった!!』と思ってもらえるような質問形式の文章にする事で、『見出しまで読もうかなぁ~』という気持ちになり本編に誘導することができるようになります。

それででは、イントロダクションから本編に誘導された読者が、どんな事を求めているのか見ていきましょう!!

スポンサーリンク

読者から求められる3つの事がアクセスアップの鍵になる!!

読者がブログを読む理由は、この3つにまとめられます。それがこちら!!

  • 悩みがある
  • 解決したい問題がある
  • 答えを知ってスッキリしたい

読者がGoogleやYahooの検索窓にキーワードを入力している時、必ずといってよいほど、この3つの状況にあります。

ブログの見出しを書く際に、読者の悩み、解決したい問題と答えを簡潔に書くことで、読者に喜ばれる記事になります。

大事なポイントは、『記事を読んだ読者に、どんな気持ちになってほしいのか?』ということを考えることです。

読者が求めている答えは多岐にわたるので、完全に一致させることはできないと思います。

しかし、あなたの考えや意見をまとめる事で、1つの参考意見として読者に価値を提供できれば十分なのです。

ブログを書く女性 引用元:canva

読者の心に響く文章とは?

読者の心に響く文章は、読者の悩みに誠実に対応した、あなたなりのアドバイスを書くことです。

読者が求めているものは、自分の問題を解決してくれるアドバイスが欲しいのです。

ブロガーになったばかりの人であれば、『どうやってブログを書けばよいだろう』といのが悩みになるわけです。

この問題を解決するために『ブログ 書き方 講座』のように検索窓に入力して情報を得ることになります。

ここまで、ブログを書く時にユーザー目線が大事という話をさせて頂きました。このユーザー目線を意識して記事を書くことで、約1年という期間で結果をだしてブログ収益だけで生活できている人がいます。

最後に、このユーザー目線をどうやって学んで、実践するのかについてまとめた本について紹介いたします。

それが、ブログの書き方講座です。

この本では、著者が実際にブログからアクセスを集めるために、どうやってユーザー目線を身につけて、実践してブログ収益だけで生活できるようになったのか?について書かれています。

ブログのアクセス数を増やしたい方にはオススメの一冊です。

まとめ

  • ブログに共通する書き方のテンプレートで、一番大事なのがユーザー目線
  • 誰のために記事を書いているのか意識すること
  • イントロダクションは映画の予告編のように仕上げる

ブロガーになったばかりの人が陥りがちな落とし穴が、自分が書きたいことを記事にすることです。これをやって成功しているのは有名な芸能人だけだと思います。

読者は常に何かの悩みを抱えて、検索窓にキーワードを入力しているという事を意識するだけでユーザー目線に近づけます。常に、『この記事は誰のために書いているのか?』が大事になってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする