自己啓発

『鈴木さんの成功』レビュー!成功者が実践している鉄則があった!

これらの話をすると『成功者の定義って何?』って思いますよね。成功と言っても人によっては、基準や捉え方は異なりますよね。

成功の定義は、目標を数字化するところから決まるってご存知ですか?「そんなの当たり前」と捉えた方は、成功者の定義を知っていて目標を実現できるスピードがかなり早い方だと思います。

一方で、「どんな数字を設定すればいいの?」と思った方は、数字が持つ具体性と目標実現に必要な考え方を、この記事から得ることが出来ます。それがこちら!!

読書する人 引用元:canva
スポンサーリンク

〇〇な目標設定では、一生成功することは出来ない!!

『鈴木さんの成功』で抽象的な目標設定では、一生成功することは出来ません。なぜなら、成功の定義には具体的な数値化された目標が必要だからです。実際に、何かを始めるに当たって、具体的な目標で真っ先に思いつくのが数値化された期限の目標だと思います。例えば、6ヶ月以内に資格試験に合格する。

このような期限の目標を設定するのは大切なのですが、成功者の定義では、具体的な数字目標を、もう一つ決めています。それが、具体的なクリア点です。この資格試験の場合、6ヶ月以内に90点とって資格試験に合格する。

このような、数値化された具体的な目標を設定すると、現在のあなたの状態と未来のあなたの状態を数値で比較することが出来るので、足りないところをどうやって埋めていくか逆算しやすくなります。

特に資格試験の場合は、基準点に対して合否判定されるので、例えば90点取ろうが、100点取ろうが合格には変わりありません。このような場合、必要最低限の勉強時間で90点取る勉強に注力することが出来るわけです。すべての事に100点を求めるのは、完璧主義者でない限り、ストレスでしかありません。

そんなストレス要因を払拭するためにも、あなたが成功だと思える定義を決める必要があります。

スポンサーリンク

仮に、100点を取って表彰されたいという目標があるのなら、それに向かって頑張るのは価値があると思います。
しかし、合格すれば良いという価値観で受ける資格試験であれば、100点目指すことはストレスにしかならないので、安定的に合格点を取る勉強をした方が効率が良いと言えます。

抽象的な目標は、あなたにとって都合の良い『曖昧さ』を生み出し、なんとなく勉強する、なんとなく試験を受ける、なんとなく行動する事になります。この、ぼやけた目標と行動が、イマイチな結果を生み出していると言えます。

『いきなり、数値目標なんて決められない!』という方もいると思います。その時は、とりあえずの目標でも良いので、数値化してみて下さい。数値化することで、設定した目標が簡単に出来ることなのか、難易度が高くて時間がかかるものなのか見分けがつきます。その時に、数値を設定し直せば、現在のあなたの実力に見合った数値目標をつくることが出来ます。

『鈴木さんの成功』で抽象的な目標設定では、一生成功できないというのが理解できたと思います。

読書する女性 引用元:canva

※0円から本を読むという手軽さ

自己啓発本もたくさん種類があって、どこから手をつけていいのか迷うと思います。 そんな時に便利なのが、Kindle Unlimited読み放題です。 Kindle Unlimited読み放題は、1ヶ月無料体験があるので、これを使って自己啓発本を読み始めるのもありですね。

>>『Kindle Unlimited読み放題』の無料体験はこちら!!

目標を決めただけでは成功しない!!〇〇が大切だった!!

『鈴木さんの成功』で目標を決めただけでは成功しない!!感情が大切だった!!

この話を聞いて、『目標を数値化して行動したら、成功に近づけるんじゃないの?』って言う方もいると思います。しかし、これだけでは足りないんです。成功するためには、設定した目標を達成した時の光景を何度も味わうという感情が大切なんです。

なぜ、この感情が大切なのかというと、目標に向かって自分自身を突き動かしてくれるのが、感情だからです。

成功者が必ずやっている行動の一つに、目標を達成した時のイメージを鮮明に思い描いて、感情を味わうという事をしてます。

数値化した目標は定量的に過去、現在と未来の指標にしかなりませんが、達成感や祝福の言葉を浴びているという将来の光景は、『これを、やりきったらこうなっているから頑張る』というやる気に繋がりますね。

数値化された目標と、ゴールに到達した時の感情を味わいながら突き進まないと、成功しないことが理解できたと思います。

スポンサーリンク

本当に集めるべき情報って何?〇〇された情報が不可欠だった!!

『鈴木さんの成功』で本当に集めるべき情報は、実際に実行して『上手くいったのか?上手くいかなかったのか?』です。

成功者の多くは、この情報を大事にしています。なぜなら、実行しているデータなので上手くいった情報は取り入れて、上手くいかなかった情報は、改善を加えて実行するという手順で取り入れる事ができるからです。

成功しない人の特徴に、まだ実行されていない架空の情報を鵜呑みにして行動してしまうことがあります。ここから出てくる結果が方向性として正しいのか間違っているのか裏付けがないので、手探りで情報の確からしさを調べる事になるので非常に時間がかかり、成功する前に正しい情報を集めるだけで疲弊してしまいます。

成功している人は、先人がすでに実行して結果をだしたやり方を取り入れて、上手くいく確率を高めています。この事を『知っているか?知らないか?』で回り道せずに成功に近づけると思います。

まとめ

  1. 抽象的な目標設定では、一生成功することは出来ない
  2. 目標を決めただけでは成功しない、達成した時の感情をイメージすることが大切
  3. 本当に集めるべき情報は、実際に実行して上手くいった情報と上手くいかなかった情報

『鈴木さんの成功』は、これから起業しようとしている方を対象にストーリー形式で本が書かれています。

しかし、例え起業しなかったとしても、あなたがイメージする成功者に近ずくための考え方や行動の仕方がまとまっているので、実際にこの本を読んで、行動することで人生が大きく好転するキッカケになると思います。

スポンサーリンク

-自己啓発
-

© 2021 もちしるべ@頭のストレス解消ブログ Powered by AFFINGER5