【健康】プリマヴェーラ空気清浄機はコロナ対策に適している3つの理由!!

『空気清浄機って、空気中の花粉やほこりを取って空気をきれいにする機械でしょ』って考えている方がほとんだと思います。実は、最近の空気清浄機はちょっと違うんです。

それが、空気中のウィルスや菌まで除去してくれるんです。

『本当にそんな空気清浄機あるの?』って方に、この記事では『なぜ、空気中のウィルスや菌が除去できるのか?』について詳しく調べてみました。それがこちら!!

スポンサーリンク

空気中のウィルスや菌は、〇〇で除去する!!

プリマヴェーラ空気清浄機は空気中のウィルスや菌を、ハイブリッド光触媒で除去する。光触媒は、光があたることで、強力な酸化力が発生し、接触している有害物質を除去することの出来る環境浄化材料です。

光触媒だけでも凄いのですが、ハイブリッド光触媒は、暗闇でもわずかな光に反応し酸化力を発生できることです。

このハイブリット光触媒によって、0.0004μmの微細なウィルスや菌を昼夜とわず酸化させて除去することが可能。コロナウィルスのサイズが約0.1μmなのでハイブリット光触媒で酸化して除去することができますね。

一般の空気清浄機だと、ろ過できる花粉やほこりがフィルターのサイズで決まっているのですが、プリマヴェーラ空気清浄機は化学反応の力を使って空気をキレイにしていることが言えます。

空気中の浮遊物は、フィルターを通過するだけで〇〇%除去!!

プリマヴェーラ空気清浄機は、フィルターを1回通過するだけで、0.3μm以上の粒子を99%除去することができますね。ほこりや花粉はもちろんのこと、PM2.5のような有害物質も除去することができます。

また、フィルターに活性炭が組み込まれているので、空気がフィルターを通過するたびに脱臭されますね。30畳ほどの空間でプリマヴェーラ空気清浄機を10分間稼働した場合、95%の空気が脱臭されることが分かってます。

スポンサーリンク

フィルターの交換頻度が、○年に1回!!

プリマヴェーラ空気清浄機のフィルター交換頻度は、2年に1回。フィルターの寿命が長い理由が、フィルターの集じん面積と吸着面積を最大化するために、10メートルのフィルターが規則的に折り込まれいるからです。

フィルターの表面積が、一般的な空気清浄機のフィルターより大きいため、交換頻度が少なくて済むことが言えますね。

まとめ

  • プリマヴェーラ空気清浄機は空気中のウィルスや菌を、ハイブリッド光触媒で除去
  • 空気中の浮遊物は、フィルターを通過するだけで99%取り除く
  • フィルターの交換頻度が、2年に1回

今までの空気清浄機は、ほこりや花粉を除去したり、脱臭は出来ましたが、菌やウイルスまで除去できるものは無かったと思います。

プリマヴェーラ空気清浄機は、ハイブリッド光触媒を使って菌やウィルスまで除去でき、コロナウィルスの対策アイテムとして期待できる商品であることが言えます。

室内の空気をキレイにすることで、健康を手に入れることができますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする